セミナー集客の成功を決める3つの要因

石塚駿平

『自社セミナーの集客をする』

と聞くと、あなたはどう感じますか?

「それができると嬉しいけど、
自分でやるのは難しい・・・」

きっと、こういう風に感じる
のではないでしょうか。

自分で主催をするセミナーというのは、
確かに人を集めるのが難しいです。

しかしその一方で、

・来た人に何を話しても大丈夫
・どんなサービスを案内してもOK
・運営についてとやかく言われない

このようなメリットがあります。

なので、例えハードルが高くても
挑戦をする価値は十分にあるでしょう。

※ただ、自社セミナーが有効かどうかは
ビジネスモデルによって変わってきます

では、自社セミナーの集客は
一体どうやったらできるのでしょうか?

今回は、その全体像をお話したいと思います。

セミナー集客の実際

色々と情報収集をしていると、

「セミナー営業で成功する方法」

のような講座やセミナーがあったりします。

あなたも見た事があるかもしれませんね。

しかし、こういったノウハウの中では、
自分で集客を成功させるノウハウは
あまり公開されていません。

「あとは自分でやってね」

というスタンスの所が多いかと思います。

また、セミナー集客というのは、

「これをやれば集客できる!」

という1つの要因が
あるわけでもありません。

いくつかの要因が重なって
成功と失敗が決まってきます。

成功を左右する3つのポイント

自社集客のセミナーの成功は、
以下の3つのポイントで決まります。

これらのうち、どれかが欠けると
上手くいかない場合がほとんどです。

しかし、この3つの要素を全て揃えると、
必ずセミナー集客は上手く行きます。

必ずです。

それでは、その3つのポイントを
見ていきましょう。

ポイント1:顧客リスト

まず大事になってくるのは、
告知対象になる

『顧客リスト』

を持っているかどうかです。

この顧客リストを持っていれば、
集客をする上で非常に有利です。

また、顧客リストの反応のしやすさは、

====================
リストの数 X 関係性
====================

になります。

単にリストの数が多くても、
関係性ができていないとダメです。

その証拠に、何十万件もメルマガを
発行している大手のメルマガ配信サービス
に広告を出してもほとんど反応はありません。

(ま○まぐの話です。)

なぜなら、顧客との関係性を築かずに
広告のメールばかり送っているからです。

逆に、最高なのはこんな感じです。

・一度対面で会った事がある

・規模が数百人くらいある

・定期的にニュースレター等を
送ってフォローアップをしている

このような条件を満たしている
顧客リストがあるのなら、
かなり高い確率で集客は成功します。

もしこういったリストがない場合は、
お金を出して広告を出すことになります。

広告を出すということは、
その広告を持っている人が築き上げた
顧客リストを利用させてもらうことです。

自分でそれを築き上げているのであれば、
無料でそれを使うことができるし、、、

ない場合は他人が作ったものを
利用料を払って使う、ということですね。

ただ、関係性という観点から考えると、
自分の顧客リストがあるのがベストです。

ポイント2:オファー

次に必要なのは、オファーです。

コンセプトと言い換えても、
意味は似ていると思います。

簡単に言うと、

『どんな内容のセミナーをするか』

ということですね。

セミナーの内容がありきたりだったり、
みんなが興味のないものだったりすると
参加者は少なくなります。

逆に、セミナーの内容が求められている
ものだと、参加者は多くなります。

例えば、今だったら相続関連の
セミナーは集客がしやすいです。

これは当たり前のことですが、
非常に大事なポイントです。

『セミナーの内容に興味を
持ってもらえるのかどうか』

ということは、常に考える必要があります。

これができていないと、顧客リストが
素晴らしくても人は集まりません。

ポイント3:コピー

最後のポイントは、
コピーライティングです。

コピーとは、文章のことですね。

『そのセミナーの魅力をちゃんと
文章で伝え切ることができるか』

というのがポイントになります。

せっかく内容がよくても、
講師のプロフィールと内容の
箇条書きだけでは良さは伝わりません。

・そのセミナーに参加することで
どんな明るい未来が待っているのか?

・セミナーに参加した人は
どんな風に喜んでくれているのか?

・わざわざお金を払ってそのセミナーに
参加する価値はどれくらいあるのか?

このようなことをしっかりと
伝える必要があります。

例えば素晴らしいセミナーでも、
伝え方が下手だとよくあるつまらない
セミナーと一緒に見えてしまいます。

そうならない為にも、しっかりと
文章を書き、魅力を伝える必要があります。

全体像を把握する

いかがでしょうか?

これが、セミナー集客の全体像です。

この3つのポイントが全て揃うと、
必ずセミナー集客は成功します。

当たり前に感じる部分も
あったと思いますが、、、

集客の成功と失敗を決める要因の
全体像を理解しておくことは
大きなプラスになります。

ちなみに、優先順位を付けると、

========================
顧客リスト>オファー>コピー
========================

の順で大事です。

僕がFPの方から

「自社集客のセミナーをしたいです」

と聞かれた場合、
一番気にするのは顧客リストです。

(だからといって、どれかを
おろそかにしてはいけませんが・・)

ここがあれば、あとは何とかしやすいです。

逆にこれがないと成功率は低くなり、
集客コストがかかりやすくなります。

そう考えると、

『顧客リストを作り、
関係性を維持していく』

ということの重要性を
理解してもらえると思います。

自社集客のセミナーをする時には、
この全体像を把握しておいて下さいね。

そうすれば、何をすればいいのかが
明確になり、結果的に成功率が上がります。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします