FPのコンサル力が上がる3つのツール

中西雅司
先日、私が副代表を務めるFP技能士会という団体でイベントを行いました。

今回はちょっと変わったイベントで、

「日頃、FP業務で使っている便利なツールを参加者同士で共有しよう」

という企画でした。

私個人としては、予想をはるかに超えるたくさんの便利ツールが共有されて、とても有益なイベントでした。

「FPの方は絶対に知っておいたほうがいい」

と思うツールばかりでしたよ。

今日は、このイベントで発表のあったツールのうち、

FPのあなたにも役に立ちそうと思ったものを3つご紹介させていただきますね。

特に、

・相談やコンサルティングのレベルを上げたい方

・相談の準備にかかる時間を減らしたい方

・日頃の業務でのストレスを少しでも減らしたい方

などには、役に立つと思います。

不動産の取引価格が調べられる

1つ目は、不動産に関するツールです。

不動産の相談を受けた時に、役立つツールがこちらです。

不動産取引価格情報検索
http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

こちらは、不動産の販売価格ではなく、

「実際にいくらで取引をされているのか」

を表示することができるシステムです。

お客様から不動産の購入や売却について相談を受けた時に、

「実際にこの地域はいくらくらいで売れているのか」

を調べるのに役立ちます。

無料で利用することができます。

2人以上で同じ案件に取組む時

2つ目は、プロジェクトの管理に関する無料ツールです。

Trello
https://trello.com

複数の人で1つのプロジェクトをやっていく時の、タスク管理にとても便利なツールだそうです。

FPは、複数の専門家をコーディネートして問題解決を実施していくケースが多いと思いますので、役立つ人は多いのではないかと思いました。

私はこちらのツールはすぐに使ってみたいと思います。

保険募集人ではなくても使える

3つ目は、保険の比較に関するツールです。

保険ナビット
https://hoken-navit.com/

保険募集人をしている人が使える保険比較ツールはたくさんあるそうですが、

こちらのツールは、

「募集人ではなくても使える」

という点が、とても良いとのことです。

保険募集をしていないと、保険の最新情報はなかなか得ることが難しいので、とてもありがたいですね。

こちらは有料ですが、料金はそれほど高くないそうです。

私はこのツール自体は知ってはいましたが、使ったことはありませんでしたので、

実際に使っている人の感想を聞けるのは、とても有益でした。

人と会うこと・話すことを大切に

今回は、FP相談やコンサルティングに使える、とても便利なツールのご紹介でした。

こういった情報がどんどん広がっていけば、独立系FPが働きやすい環境になっていくと思います。

インターネットには情報が本当にたくさんあります。

でも、情報が多すぎて、

「その中でどれが自分にとって価値ある情報なのか」

を判別することは簡単ではありません。

なので、

是非、人と会うこと、話すことを大切にして、真に価値ある情報を得ていってください。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします