【アメリカ】フィーのみFPの5つのビジネスモデル

石塚駿平

今回の記事も、NPFAのカンファレンス
レポートをお届けしたいと思います。

今回は、

『アメリカのFPビジネスモデル』

について掘り下げていきますね。

以前に現地のFP事務所の訪問レポートを書いたのですが、

『とても役に立ちました!』

という報告をいくつか頂きました。

そして、NAFPAカンファレンスでも

『FPのビジネスモデル』

に関する演題があり、特にフィーをメインにする
アメリカのFPビジネスモデルについて理解が
深くなったと実感しています。

そこで、そのFPビジネスモデルについて
この記事で網羅的にお伝えしていきますね。

日本でも将来的には同じような状況に
なることが予想されるので、必ず役に立つはずです。

5つのビジネスモデル

先に結論からお話しましょう。

フィーオンリーで活動をしているアメリカの
FPビジネスモデルは下記の5つに分類されます。

①Traditional AUM model
→預かり資産残高に連動する伝統的な料金体系。

※AUMはAsset Under Managementの略です

②Hourly Planning
→作業にかかった時間に対して料金を頂く。

③Fixed retainer
→決まったパッケージ料金を用意している。

④Subscription
→月額課金制で料金をチャージする。

⑤Hybrid AUM / retainer
→①と②の組み合わせ。その他の組み合わせパターンもある。

セミナー会場で、プレゼンターが参加者に
どのビジネスモデルをメインで採用しているかを
聞いていたのですが、以下のような分布でした。

①45%くらい
②25%くらい
③25%くらい
④5%くらい

※会場内のアンケートなのでバラツキはあると思います

それでは、それぞれのモデルについて詳しく見ていきましょう。

①Traditional AUM model(資産残高連動型)

これが、最も歴史のある料金体系です。

アメリカではカストディアンと呼ばれる金融機関があり、
FPと契約をすると顧客はそこの口座に資金を入れます。

FPはその口座を管理して金融商品の売買ができ、
その口座残高に連動したフィーが引き落とされることになります。

フィーの引き落としがこの口座から行われる為、
フィーの引き落としをあまり意識しない顧客が多いようです。

フィーの相場は1%で、個人や小さい事務所では
それより低く設定をしている場合があります。

また、残高が大きくなるとディスカウントがあるのが一般的で、
2億円を超える部分は0.8%のような形で変動をしていきます。

初年度はやることが多いですが、
2年目からはやることが少なくなり、
その分ビジネスとしての効率は高くなる形です。

②Hourly Planning(時間制モデル)

これは、訪問した現地のFP事務所が採用しているモデルです。

詳しくはこちらを見て下さい。

(前編)アメリカに存在している『時間制ビジネスモデル』とは?
https://fprise.com/hourly_based_model/

(後編)アメリカに存在している『時間制ビジネスモデル』とは?
https://fprise.com/hourly_based_model2/

事前にプランニングに必要な時間を見積もり、
時間に応じたフィーをチャージします。

このモデルの場合、資産運用は行わずに
指示を出して顧客が実行するパターンが多いようです。

『余計なお金を払わずに、情報を得て自分で実行をしたい』

という顧客には向いているビジネスモデルです。

③Fixed retainer(定額パッケージ)

このパターンで典型的なのは、

・1年目には松竹梅パターンで複数の定額パッケージを用意する

・2年目からは定額でサービス提供

・資産運用とファイナンシャル・プランニングが組み合わさったサービス内容

・資産残高よりも案件の難易度で料金が決まる

こういった形のようです。

時間制モデルとの違いは、

・予めパッケージで用意しているので融通がきかない代わりにシンプル

・資産運用部分まで実行する

という所かと思われます。

④Subscription(月額課金制)

これは、アマゾンプライムやネットフリックスのような
最近流行りの月額課金制モデルですね。

あまり情報は出てこなかったのですが、
月額費用を払うことで

・メールでの質問

・必要に応じて電話での面談

・自分のライフプランが見れる会員サイト

・資産運用の実行

このようなサービスを提供しているのではないかと思われます。

若い世代がこういった月額課金制モデルに
慣れているので、それに対応したモデルなのでしょう。

もしかしたら、これから増えてくるかもしれません。

⑤Hybrid AUM / retainer(ハイブリッド型)

これは、①〜④のモデルを組みあせた型ですね。

一番基本的な型としては、

・初年度は固定料金のフィー

・2年目からは定額でサービス提供

・資産運用を希望する場合は、資産残高に応じたパーセンテージで追加フィーが発生

という形があります。

③をベースにして①を加えている形ですね。

色々と組み合わせることで、顧客の要望に柔軟に応えることが可能になります。

日本でも活用できる

以上が、フィーオンリーのビジネスモデルのまとめになります。

※コミッションを受け取るFPの場合は、
このいずれかのモデルにコミッションが入ってくる形になります

日本でも、これらのモデルを採用してFPとして
活動をすることは十分に可能なはずです。

実際にアメリカで使われているモデルとして説明をすれば、
顧客も理解してくれやすくなるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします