あなたの進む道を決める20の質問

石塚駿平

彼はFPとして独立した。

32歳の時だった。

彼には、情熱があった。

『会社という組織に属していたら、
本当にお客さんにとって良い
サービスは提供できない。

だから、独立して本当に
自分のやりたいことをやろう!』

そう考え、意気揚々と
自分のFP事務所を開業した。

しかし、すぐにはビジネスは
軌道に乗らなかった。

自分の預金残高が減っていくのを
見るのは、彼にとってとても
大きなストレスになった。

なぜなら、彼には同い年の妻と、
2歳になる娘がいたからだ。

『何とかしなきゃいけない』

そう思って彼は努力を続けた。

ちょうど1年が経った頃だろうか。

だんだんと彼の提供するサービスに
興味を持ってくれる人が増え、
何とか事業が軌道に乗ってきた。

本当にお客さんのことを考えた
サービスは次第に評判になり、
口コミで紹介も増えていった。

2年が経つころには、収入も
十分入るようになり、独立した
当初の不安も消え去っていた。

彼は、自分の夢を実現させたのである。

しかし、3年目になると異変が起きた。

お客さんの数が増え過ぎてしまい、
以前のようなきめ細かいサービスを
提供できなくなってしまったのだ。

中にはクレームを言うお客さんもいた。

しかし、仕事が多すぎてすぐに
対応することはできない。

彼は、独立した時は別の、また
違ったストレスを感じるようになった。

そして、そのような忙しい生活が続いて
いたので、妻との仲も悪くなり、娘と
一緒に過ごす時間も減ってしまっていた。

何とか時間を取ろうと努力をしても、
結局仕事が入ってしまう。

家族で約束したお出かけも
キャンセルしてしまうこともあった。

彼の仕事は順調だった。

しかし、彼の頭の中には、

『このままで本当にいいのだろうか?』

というもやもやした気持ちが常にあり、
まるで濃い霧の中にいるようだった。

目的と手段

ちょっとストーリー仕立てで書いて
みましたが、これは独立して仕事を
している人がよく陥るパターンです。

仕事が順調に回るようになる

目の前の仕事に追われて
生活のバランスが崩れる

というパターンですね。

仕事単体で考えると問題はないですが、
人生全体で考えると問題ですよね。

でも・・・

結構こういうパターンに
陥る人は多いような気がします。。

僕も実際に何人か見たことがあります。

なぜこのようなことが起こるのか?

ということですが・・・

こういったパターンに陥る
原因というのは、

『目的と手段』

を勘違いしている、
という場合が多いです。

自分でビジネスを始めるというのは、
基本的には目的を達成する為の
”手段”です。

例えば・・・

・収入を得る
・自分の目標を達成する
・理想の生活を送る

このようなものですね。

目的と手段を混合してしまうと、
仕事をすること自体が目的になり、、、

冒頭のストーリーのように
なってしまう場合があるのです。

あなたの目的は何か?

このような状態に陥ってしまうのを
防ぐ為には、予めちゃんと

『自分は一体どのような
目的を達成したいのか?』

ということを考えておく必要があります。

注意して欲しいのは、仕事以外の
ことも含めて、ということです。

そうしないと、生活の
バランスが崩れてしまいます。

そこで、この目的を考えるにあたって、
とても良い質問集を見つけたので
シェアをしてみたいと思います。

あなたのこれからの仕事のあり方に
ついて考える大きなきっかけに
なるかもしれないので、、、

ゆっくりと時間をとって考えてみて下さい。

あなたの進む道を決める20の質問

1.
あなたにとって、成功とは何か?
(その時の結果や気持ちを考える)

2.
あなたはどのように社会に貢献したいか?

3.
どんなタイプの顧客や友人と付き合いたいか?

4.
将来、どんな家に住みたいか?

5.
将来、どこに住みたいか?

6.
1年でどれくらいの休暇が欲しいか?

7.
休暇があったらどこに行きたいか?

8.
1週間で何時間を仕事に費やしたいか?

9.
仕事をしていない時は何をしたいか?

10.
子どもをどのような学校に通わせ、
どんな経験をして欲しいか?

11.
自分の望む人生を送るには、
どれくらいの年収が必要か?

12.
何歳で仕事を辞めても
良い状態になりたいか?

13.
いくらのお金があれば老後を
楽しく過ごすことができるか?

14.
どれくらいのお金を毎年投資に回せば、
老後の資金目標を達成できるか?

15.
老後はどこで過ごしたいか?

16.
老後はどんなことをして過ごしたいか?

17.
老後は友人や配偶者とどんな
会話をしていたいか?

18.
自分の健康を保つ為に何をしたいか?

19.
家族の為にどんな遺産を残したいか?
(意味や目的、使命を考える)

20.
子どもや友人のお手本になる為に、
どんな人間になりたいのか?

・・・

どうでしょうか?

正直、全てに明確な答えを持つ
必要はないと思います。

でも、、、

この質問の答えを考えることで、
あなたの仕事のあり方が
より明確になるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします