売り込まれるのが好きな変人たち

石塚駿平

人は、売り込みに対して
ネガティブな感情を持っています。

”売り込み”という言葉を聞いて
一般の人が思い浮かべるのは・・・

『お金を奪われる』
『しつこい勧誘』
『騙されそうで恐い』

などなど、ネガティブなイメージですよね。

恐らく、99%の人がそう思っているでしょう。

善悪で言うと、売り込みは”悪”。

売り込まないのは”正義”。

それが一般的な考え方だと思います。

でも、私達は違う

しかし、私達はこういった”一般的な考え”
に捉われてはいけません。

なぜなら、私達はそういう”一般の人”ではなく、
ビジネスをしている事業者だからです。

一般の人と同じように、

『売り込みは嫌だ』

という考えを持ち、売り込みを拒否することは簡単です。

でも、売り込みを別の視点から捉えると、
それは『迷惑な行為』ではなく、
『宝の山』になるのを知っていましたか?

もし知らずに『売り込みは嫌だ』と思っていたのなら、
これまで大きな損をしてきたことになります。

短期間でビジネスを成長をさせ、成功する人は
この視点を持っていることが多いのですが・・・

成功している人の視点

その視点とは、売り込みを

『セールスの見本』

として捉える見方です。

例えば、訪問セールスを受ける時には、
売り込みを受けながら、

『なるほど。。こうやってお客さんに
親近感を持ってもらうように工夫しているんだ』

『これは信頼性を出す為のテクニックだな』

『クロージンまではこうやって話を
変えていくのか。。これは使えるかもしれない』

このような目線を持って、
売り込みのやり方を学んでいくのです。

喜んで売り込まれる変な人

こういった方法は『活きた実例』を学ぶ
良い方法なので、積極的に”売り込まれたい”と考えている
起業家やマーケティングの専門家も結構多いです。

僕の周りにもマーケティングに通じている
人が多いので、そういう人はたくさんいます。

売り込みの仕方を学ぶ為に、
ホームページの電話営業にわざわざ応じたり。。

成績の良い保険の営業マンの
セールストークを聞いてみたり。。

売り込みがあるとわかっている
無料セミナーにわざわざ参加して、
トークのスクリプトを盗んでみたり。。

こういった形で喜んで売り込みを
受けているのです。

僕もそうですが、例え買う気がなくても、
わざわざ売り込みを受けたいと思っています。

(ただ、売り込みのやり方を勉強する為に
セールストークを聞くのに、その気になって商品を
毎回買ってしまう友人が一人います。。)

ちょっとキケンな”売り込みのプロ”

極端な例を挙げると、詐欺的な手法をとっている所や、
ネットワークビジネスのやり方から学べる所もあります。

彼らは、売り込みのプロですからね。
人間心理をしっかりと把握しています。

(ちなみにですが、彼らが本当に良い商品や
サービスを扱ってたら世の中は良くなりますよね。

良い商品やサービスを持っていても
販売する力がないばかりに貢献が
できない例は数多くあります・・・

近江商人の十訓の1つにも、

『良きものを売るは善なり、
良き品を広告して多く売ることはさらに善なり』

という言葉があります。)

僕の友人で、新宿歌舞伎町のぼったくりバーで
ぼったくられながら、その『ぼったくりの手口』
をその場で一生懸命メモしていた人がいました。

そこまで行くと完全に変人ですが、、、
そういう見方を持つことは重要です。

迷惑なものが宝の山に

というわけで、結局何が言いたいかと言うと、

『売り込みをセールスの勉強だと考える』

という視点を持つべきだということです。

そうすれば、例え売り込まれても
嫌な気分にはなりません。

それに、自分のビジネスに応用できる
部分もたくさん見つかるはずです。

これからは、売り込みが始まったら、

『うわ〜、売り込みが始まったよ。ヤダな・・・』

と思うのではなく、

『売り込みの方法を勉強できるぞ!』

と思うようにしましょう。

何も考えていなければ”迷惑な行為”。

でも、見方を変えれば”宝の山”です。

あなたも、売り込みに対する
考え方を変えてみてはどうでしょうか?

 

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします