間違ったホームページの作り方

石塚駿平

この所、

『ホームページ業者の紹介はしてないんですか?』

という質問を頂く機会が何回かありました。

僕は自分自身でホームページ作成の
仕事を受けてやっていた時もありましたが、
現在はほとんど行なっていません。。。

文章まで全部考えてホームページを
作るのはかなり手間がかかる作業ですし、、、

他の仕事もあるので時間を
かけることができないのが現状です。

そういったお話をすると、

『じゃあ、どこかいい所ないですか?』

ということになるのですが・・・

紹介している業者は・・・

結論から言うと、僕はホームページ
業者の紹介はしていません。

なぜなら、FPの仕事を理解して
効果的なホームページを作れる
能力がある業者を知らないからです。

恐らく、

『ホームページ業者の紹介はしてないんですか?』

という質問の裏には、

『集客のことも考えてホームページを
作ってくれる業者があればそこに頼みたい』

という考えがあるのだと思います。

ただ、FPの仕事についてはわかっている
業者はまずいないかと思います。

集客のことを考えてくれて本当に
実力のある業者はあるはずですが、
そこを見つけるは難しいでしょう。

(本当に実力のある所は紹介などで
回っているはずなのでそもそも
情報を見つけるのが難しいはずです。
あと、料金はかなり高いと思います)

お勧めの方法

こういった現状を考慮すると、
ホームページを作る時のお勧めの方法は

『自分でホームページ集客のことを
勉強し、業者に指示を出せるようにする』

ということになります。

集客の部分を除くと、

『指示通りに綺麗なホームページを作れる業者』

というのはたくさんいます。

ランサーズやクラウドワークスなどの
サービスを利用すると、いくらでも
見つけることができるはずです。

知り合いに紹介してもらっても
見つけられると思います。

なので、自分でホームページの構成や
必要な機能を理解し、文章の作成も
自分でできるような状態になった上で

『こういうホームページを作って下さい』

という指示を業者にできるようにするのが、
最も成功確率が高い方法と言えます。

何のプロなのか?

『餅は餅屋』とはいいますが、
ホームページ業者というのは基本的に

『ホームページを作るプロ』

であって、

『集客のプロ』

ではありません。

だから、集客の部分は自分で責任を
持ってコントロールしていき、、、

ホームページの作成自体は
プロに任せるの考え方がお勧めです。

集客の部分まで全部業者に頼ろうとすると、
失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

(”良い業者を探す”という段階で
つまづいてしまう場合がほとんどです)

なので、ホームページを作る時には、

『どの部分を自分が担当するのか』

ということと、

『どの部分を業者に任せるのか』

という線引きを明確にして
考えていく必要があります。

この線引きを間違ってしまうと
間違ったホームページの作り方に
なってしまう危険性があるので、
気を付けて下さいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします