事務所名を決める時の注意点

中西雅司

「もうすぐ独立しようと思っています。事務所名(屋号)を決める時に気をつけた方がよいことはありますか?」

先日、あるFPの方からこんな質問がありました。

「事務所をどんな名前にしよう?」

FPとして独立しようと思うと、まず最初に悩むことの1つですよね。。

「〇〇FP事務所という名前にしようかな?」

「事務所名に地名を入れた方がいいのかな?自分の名前がいいのかな?」

「あまり時間をかけたくないけど、一度決めたら、変えられないから慎重に決めたい。」

明確な決め方がないので、決めるのが難しいかもしれません。

今日はそんなあなたのために、私がFPとして独立した時の経験もふまえて、

「事務所名を決める時の注意点」

についてお伝えしたいと思います。

今から考えると失敗したなーーと思うこともあるので、あなたが事務所名を決める際の、少しでも参考になれば幸いです。

全くアイデアが浮かばない

私が独立したのは2013年の5月。

もうすぐ丸6年になります。

当時の私は、

「独立開業するには、まず名刺!」

と考えました。

そうなると、最初に必要なものは、名刺に書く内容ですよね。

名刺に書く内容として、私が考えたのは、この5つでした。

「事務所名、資格、メールアドレス、電話番号、事務所の住所」

です。

その中でも、私にとって一番難易度が高かったのが事務所名。

なぜなら、それ以外の4つは、手続きさえすれば何とかなりそうでしたが、事務所名を決めるのは、

「ゼロから新しいアイデアを生み出す」

ということをしないといけなかったからです。

それに、事務所名は一度決めると、変えるのはとても難しいとも思いました。

なので、ある程度時間をかけて悩んだのですが、全くアイデアが浮かんでこない・・・

悩んだポイントは?

結局私は、最終的に、

「FPオフィスなかにし」

という単純な名称にしました。

他の独立系FPの方をホームページで検索したりすると、そういった名称にしている方が多かったからです。

普通の名称だと思われる方も多いと思います。

でも、私は相当悩みました。。。

悩んだポイントは大きく2つあります。

1つは、「FP事務所」という言葉を使うか、「FPオフィス」という言葉を使うか、どちらにするかという点。

もう1つは、自分の名前を漢字にするか、ひらがなにするかという点。

今から考えるとはっきり言って、どうでもよいポイントです。

でも、視野がとても狭かった当時の私は、そこで悩んでしまったのです。。。

○○の方なんですね・・・

今から考えると、悩むべきポイントは、そこではありませんでした。

悩むべきだったのは、

「『FP事務所』や『FPオフィス』という言葉を事務所名に入れるかどうか」

でした。

なぜなら、私は名刺を作った後、「FPオフィスなかにし」と書いた名刺で色んな人に会っていくことになるのですが、そこで悲しい現実を知ることになったからです。

実際、動き始める前までは、全くそんな想定はしていなかったのですが、名刺交換を始めてみて、異業種の方に会うようになって、

「FPという言葉に対する世の中の人の認識が、私の認識とは全然違うこと」

がわかったのです。

それは、世の中の人のFPに対する認識の多くが、

「FP=保険」

であるということです。

交流会や展示会、セミナーなど、色んな場で会う人会う人が、名刺交換をした瞬間に、

「保険の方なんですね・・・」

「保険の業界って大変じゃないですか?」

など、保険の営業と間違えられることが多いこと多いこと。。。

私は毎回毎回、

「保険ももちろんやっていますが、それだけをやっているわけではなくて・・・」

という説明をしなければなりませんでした。

でも、多くの人は保険に対して否定的な認識を持っているので、そんな私の説明を興味を持って聞いてくれる人は、多くありませんでした。

事務所名を決める時の注意点

今日、私があなたにお伝えしたいことは、

「事務所名にFPという言葉を入れてはいけない」

ということではありません。

そうではなくて、、、

「FP事務所と入れると、あなたのことを保険の人だと考える人が増える」

という事実を知った上で、事務所名を決めてほしいということです。

その上で、FP事務所と入れるのもあり、入れないのもありです。

もし、私が独立したばかりの頃の私にアドバイスするのなら、こうアドバイスします。

「FP事務所と入れてもいいけど、保険の営業マンと一緒にされたくないのなら、入れないという選択肢も考えてください。入れるにしても、名刺に大きく事務所名を書く必要はありません。」

「それよりも、あなたが名刺でPRすべきは、“お客様にどんなメリットを与えられるか”です。」

と。

FP=FPと認知される社会に

是非このメルマガを熱心に読んでくださっているあなたには、FPとして少しでも早く成功してほしいと思っています。

1人でも多くのFPが成功すれば、多くの世の中の人にFPの良さが伝わっていきます。

そうすれば世の中にFPの認知が広まるとともに、社会がどんどん良くなっていきます。

なので、自信をもって、行動を続けてください。

そして、FPの価値をもっと広めていってください。

FP=FPと正しく認知され、より多くの人が幸せになる社会を一緒に目指していきましょう。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします