簡単で成果が出るYoutube参入方法

石塚駿平

最近、家にいる時間が増えたので
Youtubeを見る時間も増えました。

もしかしたら、あなたも同じかもしれませんね。

それにしても、Youtubeに上がっている動画の種類って、
だいぶ多様化してきましたよね。

何というか、今までは

『時間をつぶすのに面白い動画を見る』

という場だったのが、それに加えて

『役に立つ系の情報提供』

が増えてきた気がします。

歴史、化学、経済などを難しいことをわかりやすく解説したり・・・

筋トレのやり方、テニスの上達方法、ピアノの演奏方法・・・

などなど、ありとあらゆる情報を発見できます。

そして、動画だと文字だけでは伝わらないことも
わかりやすく伝わるので、理解しやすいんですよね。

特に、歴史の勉強をする時なんかはビジュアルがあると理解度が全然違います。

なので、学習ツールとしてYoutubeを使う機会も増えてきました。

そして・・・

ちらほらですが、Youtubeを本格的に活用しているFPも出てきています。

編集には想像以上の手間がかかる

そういった人の動画を見た感想は、

「これは、裏で作業を手伝っている人がいるだろうな」

というものです。

Youtuberというのは、

『好きなことを動画に撮って楽して稼いでいる』

というイメージがありますが、、、

実際は、編集にすごい時間を取られます。

やはり、見やすさを出す為には編集が必要ですからね。

結構地道な作業を裏でやらなければいけないのです。

それに、企画を考えるのも大事です。

どんな動画を作るのか、そのアイデアを出さなければいけません。

Youtuber向きの人とそうでない人

そういう手間がかかる作業なので、ハードルは高いです。

それと・・・

何というか、向いている人と向いていない人がいますよね。

動画向きの人と、そうでない人はいると思います。

僕も、自分の性格的にそんなにはまる訳ではなく、

「Youtubeにガンガン動画をアップしてやる!」

とはあまり思いません。

しかし、そういった人でも使えるYoutube活用の考え方を発見しました。

この考え方でやれば、そんなに気構えなくても成果を出しやすいと思ったので、お伝えしますね。

効率的な動画の作り方

その考え方とは、

『人気のあるコンテンツを動画化してYoutubeにアップする』

というものです。

これは実際にYoutubeを活用して集客をしている人に聞いたのですが、

『動画でも文章でも、人気の出るコンテンツは同じ』

だそうです。

これを聞いた時、

「なるほど!言われてみたら確かにそうだろうな!」

と思いました。

だとしたら、

ブログに記事をアップする

人気があったらその内容をYoutubeにアップする

という手順を踏んだ方が、効率的ですよね。

無駄な動画を作る手間も省けますし、内容を考える必要もありません。

僕はこの方法が合っていると思ったので、もしYoutubeを活用する場合はこの方式で行きたいと思います。

Youtubeは手段の1つ

Youtubeというのは、マーケティングの枠組みで捉えると

『アクセスを集める為の手段の1つ』

に過ぎません。

ホームページやメルマガ登録ページ、セミナー申し込みページに人を集めてくる為の手段です。

絶対的に必要なものではありません。

だとしたら、自分に合った形で必要に応じて活用していきたいですよね。

今やってきている動画の波に乗るには、今回お伝えしたような方法もあります。

やり方は人それぞれでいいと思いますが、この考え方が使えそうなら取り入れてもいいかもしれません。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします