2019年集客スタートダッシュをかけるには?

昆知宏

新年にロケットスタートを切りたいなら・・・
その準備として適切なのは”今”です。

新年は意外と人が動きます。

FP相談業も心機一転今年こそを思うお客さんの気持ちのせいか
集客がしやすい傾向になります。

つまりチャンス。

2019年は1月1日からの曜日に並びが良いため、

1月6日(日)までの大型連休になりやすく5日(土)6日(日)に比較的集客がしやすいこと。

たいてい旅行や帰省などでお金を使い果たす人が多いので

1月の土日は近場のイベントで集客効果が上がりやすいという予想がされています。

さて、あなたはどう仕掛けますか?

スタートダッシュは効果的

私の会社は12月決算なので特にそうなのですが、

1月にしっかり集客ができるとその1年の心の安心感はだいぶ違ったものになります。

反対に1月で出遅れてしまうと、
雪国では集客鬼門の2月になりズルズルと集客ができずあっという間に春になってしまいます。

1,2月にコケると1年1/6を失うことになり
精神的にきつくなることから私は1月の集客をとても大事にしています。

あなたはどうですか?

何をすればいいの!?
というところですが、

掘り起こしDMを個人的にはおすすめをします。

掘り起こしDMとは既存のリストに向けて相談をオファーを出すもので

私の場合はメルマガをしているのでメルマガのリストに向けて発信をします。

どんなオファーをかける?

これきっと去年も書いたのですが、
ベタなキャンペーンが意外に聞きます。

例えば新春相談キャンペーン等で、
初回相談料を半額にするのもありです。

FP相談業に安っぽいイメージが付くのでは?
と思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

それよりも相談しようというアクションを作ることの方がずっと大事です。

例えばクリスマスが終わったくらいに案内を出してみたり、

新年すぐ仕事をしても良い人は年賀状によるオファーも有効に作用することでしょう。

”新年”というのは新しいことをはじめるきっかけになる究極のパワーコンテンツになるのです。

もちろんセミナーも有効

1月2週~4週目の週末にセミナーを開催するのも有効です。

先ほども書きましたが年末年始でお金を使ってしまったお金が多く遠くへ出かける人が少ないからです。

休暇モードから現実モードになっているのです。

そこで私は11月末に来年1月13日と1月27日のセミナーをブッキングしました。

集客はこれからですが、
時期的にはいいところを押さえたと思っています。

セミナーの内容は専門分野によって当然異なりますが、

もしあなたが住宅分野も守備範囲でしたらおすすめなのは消費税セミナーです。

消費税が上がった後、
上がる前の違いを説明するセミナーは

これは鉄板すぎるコンテンツで集客のしやすさは高いでしょう。

実際消費税が10%になってからのほうが有利な情勢が固まっており

しっかりと正しい知識を提供することで見込み顧客とリーチできればいいなと考えています。

さて、あなたは新春にどう仕掛けますか?

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします