こんなFPは嫌だ

昆知宏

今日の記事は、モヤモヤします。

一緒にモヤモヤしてくれる方は、
ぜひ読んでください。

先日、人からの紹介で、
会いたくなかったんだけど、
会ったFPの話。

「保険でいい話があります!」

ということだったので、
興味もなかったのですが、

断れない事情だったので
会ってみたところ、
やはり微妙でした。。。

話は、
DCをドアノックに
保険募集してください。

ということなのです。

2回のDC無料相談で、
機会をうかがって保険に
持ち込んでください。

トークスクリプトもあります。
高属性の方のみの紹介です。

という感じで、

「ふーん」

という感じで聞いていました。

最近このスタイルは、
大流行のようで、
大元にはメガバンクがいるようでした。

『DCの資産を増やしたいので、
アフターサービスの一環で
保険を餌にしてFPを無料で
使っているのねー』

と思って聞いていたのですが

さすがにもらえると思っていた
保険料収入も折半になるとのことで、

「そこまで取るのかー」

と逆にびっくりしました。

集客する側の強さ

私的には、
このスキームは1%も魅力を
感じませんでした。

集客に困っていないわけでは
ありませんが、

頭で収益をはじき出しても、
ビジネスとして成立するとは
思えませんでした。

機会を伺って、

高額な保険を売りつけないと、
とってもじゃないけど、
成り立たない。

「絶対やる人いないでしょ!」

と思っていたら、

同じ話をされた他のFPの
人たちはみんな前のめりで
やっているのです。

これには驚きました。

なんで?と聞いてみると、

「メガバンクから派遣された
FPとして箔が付くから、
提案を聞いてもらいやすいでしょ。

まずは何でもいいから、
見込み顧客に警戒されないで
会えることが大事。」

という感じで、
実際に行っているFPは
多いみたいです。

うーん。

確かに箔は付くかもだけど、
それって出口が強引になるから、

お客さんメリットに
繋がってないじゃん・・・

とモヤモヤする私。

「昆さんさ、
そんなこと気にしていたら、
保険なんか売れないよ。」

と言われました。

うーん。。。
そうなんだけどさー。。。
なんかモヤモヤするー。。。

無料相談は責任がない?

まあ、
それはいまさら言うことでは
ないので置いておいて

もっとモヤモヤすることが
あったんです。

それは、

「無料相談はあくまでも
無料なんだから

提案に責任はないですよね。

だからDCについては、
正直そこまで詳しくなくても、
問題ないでしょ。」

というニュアンス。

お客さんは、あくまでも無料で
DCの相談にのってくれる人と
して会っているのに、

それに対しての回答は、
正直プロレベルとは言えず、
保険の提案をされるとなると、

はっきりいってお客さんの
メリット“全く”ないよね。

って思ってしまいました。

有料相談が当たり前になってほしい

私は独立当初から、
無料相談はしないできたのですが、

それは無料相談をすると、
出口が強引になってしまうのが
嫌だったからです。

私はこの仕事をする前は、
あらゆる業界で営業職を
していて、

いわゆる無料相談で、
何とかしてあの手この手で説得して
お願いして物を買ってもらっていました。

それがお客さんのためになるかは、
関係なくて、

私のため、私の会社のために
お願いしていただけです。

こういうことに疲れていたのです。

結局これと同じで
今回の件については、

私自身がもっともなりたくない
FPとしての姿でした。

”個人的”にはお客さんのメリットが
あるように思えませんでしたし、

中長期的に見て、
お客さんの満足にならず、

自分のモチベーションを下げる
仕事は避けたいと思いました。

ビジネスとしては、
割り切って稼げるうちに稼ぐ方が
得なのかもしれませんが、

私は正しい解決策を得るためには
有料相談が当たり前であり、

それができなかったら潔く
業界からは撤退しようと決めて
独立をしました。

改めてこの考え方で、
しっかりと仕事をしていきたい
と思うのでした。

あなたの仕事をする上での、
根幹はいかがでしょうか。

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします