お金を”もらいながら”できるフォローアップ!

石塚駿平

フォローアップはお金がかかるもの。

あなたは、こう思っていませんか?

もしあなたが、

「一回会ったお客さんの
フォローをやらなきゃいけないのは
なんとなくわかってるんだけど、、

お金がかかるからちょっと
気が進まないんだよね〜。」

と思っているのなら・・・

今回お話することは聞く
価値があると思います。

なぜなら、今からお話するのは

「お金を払って行うフォローアップ」

ではなく、

「お金をもらいながら行うフォローアップ」

の方法だからです。

そんなのあるの?

そんな方法があると言うと、

「いやいや、そんなこと言ったって、
フォローアップっていったら
ニュースレターやはがきを送ったり
メールを送ったりすることでしょ?

結局、なにかやろうと思ったら
お金がかかるのは当然でしょ!?」

と思うのが当然の反応かもしれません。

確かに、ニュースレターや
はがきを送るのにはお金がかかります。

メルマガはかなり低価格で
できますが、配信スタンドの
契約料金がかかってしまいます。

もちろん、こういったフォローは
効果があるものなので、
お金を出してもやった方が
いいことは間違いありません。

しかし、こういったフォローは
お金を”もらいながら”できた方が
財布が痛まずに済みますよね。

こうやってお金をもらう

この方法を実践しているのは、
今セミナーDVDの案内を行っている
秋田県のFPである高橋さんです。

高橋さんは、フォローアップを
お客さんからお金をもらいながら
実行しています。

一体どうやっているかいうと、
高橋さんはコンサルティングや
ライフプラン作成が完了したお客さんに

『年に1回キャッシュフロー表を作る』

というサービスを紹介していきます。

これは、ここで儲けを出す為ではなく

『お客さんと対面で会う機会を作る』

ことがメインの目的になっています。

そして接触回数を増やすことで、
その人が別のサービスを申し込んだり、
友人や家族を紹介してくれるようになります。

フォローアップの狙いというのは
こういった所にあるので、
十分目的を達成できていますね。

名目上は顧問契約という形ですが、
収益を狙わずに接触回数を増やすのが
目的なので料金も安いです。

その結果、ほとんどの人がこの
サービスを申し込むようになっています。

これを取り入れるだけでも・・・

こうすることで、

『お金をもらいながら』

お客さんとの接触回数を
増やすことができるのです。

そこで他愛もない話だったり、
他の人の紹介に繋がる話だったり、
また別のサービスの紹介だったり等、、、

色んな話をしていくことで、
そこから別の収益に繋がっていきます。

これは、フォローアップの役割を
十分に果たしていますよね。

それに、対面で話をすることが
できるので得られる効果も高いです。

もしあなたが、

『サービスの提供が終わったら
そこで関係は一旦終了する』

という形でFPビジネスを
行っているのなら、、

このフォローアップを導入する
だけでも売上はアップします。

より良い人生を送るサポート

それに何より、一度会った
お客さんとそれっきりになるより、
その人の人生をずっとそばで
サポートしてあげたほうが良いですよね。

もちろんこれは個人差があると
思いますが、、、

アメリカのFPなんかを見ていると、

『より良い人生を送る』

お手伝いをするためのアドバイスまで
到達しているFPも多い気がします。

例えば慈善団体に寄付をするとか、
メキシコのビーチで優雅に余暇を
過ごす提案をするとか、ですね。

こういった関係が作れるのは
やはりFPしかいないと思うので、
そういった意味でも、

『お金をもらいながらフォローアップ』

という体制を作るのは有意義だと思います。

そんなに難しい話ではないので、
もしあなたのビジネスに取り入れられ
そうだったら考えてみて下さいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします