タダでテレビに出る方法

石塚駿平

「タダでテレビに出れる」

 

と言われたら、あなたはどう思いますか?

 

「いや〜、そんなのムリムリ!」

「本を出してたり、有名じゃないと出られないよ」

 

と普通は思うでしょう。

 

まあ、それが一般的な反応だと思います。

 

でも、、、

 

実は、意外と簡単にテレビに出る方法があります。

 

例え、有名じゃなくても、、です。

 

 

どんなFPでも出来る方法

 

 

ただ、1つ断っておく事があります。

 

それは、この方法はキー局では

使えないということです。

 

TBSとか、テレビ朝日とか、そういった所は

なかなか狙っても出られるものではありません。

 

(もちろん、出てるFPもたくさんいますが・・)

 

今回お話するのは、地元密着の

ケーブルテレビに出演する方法です。

 

“この方法ならどんなFPでもチャンスがある”

というものをお伝えします。

 

 

情報源は・・・

 

 

実際にこの方法をお話する前に、

なぜこんな話ができるのかをお伝えしておきましょう。

 

実は、ちょっと前に東京都中野区にある

ケーブルテレビの方のお話しする機会がありました。

 

そこで、実際にテレビ放送に関する

裏事情を色々と教えてもらったのです・・・

 

いやいや、面白い話が色々と聞けましたのですが。。

 

その中で、

 

「出ようと思えばタダでテレビに

出演できる可能性は十分にある」

 

という話をしてもらったのです。

 

なので、信憑性のある情報です。

 

なかなか一般には出回らない情報ですし、

しかも行動しようと思えばすぐにできるものです。

 

では、どうやったらタダでテレビに出れるのか?

 

解説していきましょう。

 

 

タダでテレビに出る方法

 

 

まず最初に、近くにあるケーブルテレビの局に

電話をかけます。

 

そして、まず最初に

 

「ニュース担当の方はいらっしゃいますか?」

 

と聞いて繋いでもらいます。

 

広告担当とかではなくて、

ニュース担当です。

 

そして、電話でこういう内容を話します。

 

「すみません、私は○○をやっているものですが、

■■をするので、ニュースで取り上げて

もらえないかと思い、ご連絡させ頂きました。」

 

このような形で、ニュース内で取材を

してもらうように打診するのです。

 

この形が、一番取り上げてもらえ

る可能性が高いようです。

 

この時ですが、いくつかケーブルテレビ特有の

ポイントを押さえておく必要があります。

 

 

公共性があること

 

 

まず、公共性があることが重要です。

 

お金をもらってやるという形だと、

どうしても広告のようになってしまうので、

あまり好まれません。

 

その代わり、無料で何かを提供をする場合はOKなようです。

 

 

地元の人にとって有益なこと

 

 

ケーブルテレビは、

狭いエリアで活動を行っています。

 

なので、『地元の人に役立ちたい』

という意識がとても強いです。

 

放送している内容も、地元の飲食店や

商店街の店舗、地域のイベントが多いです。

 

この要素が満たされているものを

ネタとして提供できるよう心がける必要があります。

 

 

イベント性があること

 

 

あとは、イベント性ですね。

 

例えば、『明日から○日間、

どこどこでイベントを開催します』

 

というように、実際に体験することが

できるものは取り上げてもらいやすいようです。

 

・・・

 

こういったものを考えると、

例えば、、、

 

『相続税の引き上げに伴って相続で困る人が

増えるから、地元の施設で2日間の無料相談会を行います。』

 

という内容であれば、

受け入れられやすいものになります。

 

 

連絡した後はどうなるの?

 

 

さて、話は戻って担当者に電話をした後ですが、

運が良ければ「いついつに来て 」という話になります。

 

ただ、大抵の場合、

 

「FAXかメールで内容を送って」

 

ということになるみたいですね。

一応たくさん話はくるらしいので。。

 

そうなったら、さっきお伝えしたポイントを押さえながら、

しっかりと「なぜ取り上げられるべきなのか?」を

わかりやすい形でまとめたものを送付しましょう。

 

このステップを踏めば、意外と簡単に

テレビ出演を勝ち取ることができるかもしれません。

 

こんな感じでやった場合、

ニュース番組の中で紹介されて、、、

 

アナウンサーと少し絡みながら

自分のイベントや取り組みをテレビを伝える、

という形になります。

 

簡単ですが、これがタダでテレビに出る方法です。

 

もちろん、100%通るということはないですが、

ハードルは思っているよりも断然低いです。

 

 

出演を断られた場合

 

 

ここで、もし断られそうだったら、

 

「広告という形で出演させて頂けませんか?」

 

という提案をするのもありです。

 

ちょっとお金を出せば、

それで出演できるということもあります。

 

金額はエリアにもよりますが、

10万円も全然かからない形で出来る場合も多いようです。

 

こういった流れを踏んでいけば、

テレビ出演はそんなに難しいものではありません。

 

つまり、上手く行けば誰でもテレビを使った

プロモーションを行うことでができるのです。

 

 

2次利用の権利は忘れずに

 

 

テレビに出演する機会が得られた場合は、

必ず2次利用の許可をもらっておいて下さい。

 

例えば、テレビ出演部分の映像をホームページにアップしたり、

セミナー開催前に流しておく事の許可を得る、ということです。

 

もちろんテレビに出る事によって少しは

プロモーション効果はありますが、

念頭に置くのは2次利用の方ですね。

 

“テレビに出た”という実績はかなり高い

信頼感に繋がりますから、活用することができます。

 

こういった利用方法を頭の中に入れながら

テレビ出演を考えていくと良いですね。

 

・・・

 

今回のアイデアにピンと来たら、

是非行動に移してみて下さい。

 

誰でも、簡単にできる方法なはずです。

 

テレビに出られるかもしれませんよ^^

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします