YouTubeだけで生計が立つ?

石塚駿平

最近、『ユーチューバー』
なるものが脚光を浴びていますね。

あなたは知っていますか?

動画投稿サイトである
YouTubeに動画をアップし、、、

そこからの広告収入で
生計を立てている人たちです。

最近ではCMをやってたり、
メディアで取り上げられたりして
話題になってきました。

有名な人はかなりの
収入を得ているらしく、、

ネットに上がっている
収入ランキングを見ると、

第1位 HIKAKIN
(1億1846万4790円)

第2位 マックスむらい
(7642万9440円)

第3位 Kan & Aki’s CHANNEL
(7452万円)

このように、めちゃくちゃ
稼いでるみたいですね。。。

ただ・・・

『動画を投稿するだけで
そんなにお金が入るなんて
うらやましーーーーい!!』

ともしあなたが思ってしまったら、
ちょっと危険信号です。

広告収入が入る仕組み

その理由をお話しする前に、
まずはこのユーチューバー達が
どのように収入を得ているのか?

そのことについて説明したいと思います。

YouTubeには、

「YouTubeパートナープログラム」

というものが存在し、動画再生が
1回あるごとに0.1〜0.3円くらいの
収入になるそうです。

このプログラムがあることによって、
動画再生回数がたくさんある人には
多くの広告収入が入ることになります。

これで多額の収入を得ているみたいですね。

世界で一番稼いでいる人は、
なんと年に4億円も稼いでるようです。

しかも、やっていることは
ゲームの実況みたいですね。

ゲームの実況をするだけで
年収4億円とは、、、

すごい時代なもんです。

グーグルの思惑

このプログラムを運営しているのは、
あなたもご存知のグーグルです。

グーグルのメインの収益源は
広告収入になっており、、、

ユーザーが長い時間グーグルを使うと、
グーグルの収益が上がる仕組み
になっています。

(ユーザーの滞在時間と広告の
クリック数は比例するからです。)

そして、動画というのはユーザーを
画面に惹き付ける力が強いですし、
なにより長く滞在をしてくれます。

なので、グーグルとしては

『何とかしてみんなに
動画を見てもらいたい』

と思っている訳です。

そこで、グーグルが考えたのは、

YouTubeに動画をアップすると
収入が入る仕組みを作る

一部の人がその仕組みで大きく稼ぐ

その人に焦点を当てると、みんなが
それに憧れて動画をアップする

動画の数が増え、動画を見る人が増える

結果、グーグルの収益が増える

という構図です。

こういう意図があって、グーグルは
『ユーチューバー』みたいな存在を
PRしている、ということになります。

結局、グーグルは大きく儲ける
ことが確定している仕組みですね。

こういった構図もありますが、
僕は個人的には、

『動画をアップするだけで生計を立てる』

ということに憧れてそれを
目指そうとするのは、“愚行”と
言っても過言ではないと思います。

その理由としては、
このようなものがあります。

成功者はほんの一握り

まず、このようなモデルで
成功する人はほんの少ししかいません。

パーセンテージで言うと、
0.01%もいないんじゃないでしょうか?

“動画をアップするだけで生活をする”
という何とも魅力的な文句に
誘われたけど、実際は全然稼げない。

こんな人は腐るほどいます。

そして、これからも増えて行くでしょう。

こういったことで成功するのは、
宝くじを買って、

『1億円当たらないかな〜』

と妄想しているのと
同じようなことです。

グーグルとしては、そんな奴らが
何万人いたって関係ないですし、
というかいてくれると嬉しいですからね。

1つの収入源に頼る危険

そして、次の理由としてあるのは、

『YouTubeという1つの
メディアしか収入源にならない』

という危険性です。

収入を1つの取引先に頼っていると、
それが崩壊した時に自分も崩壊します。

FPでも、集客を1つの提携先に
頼っていた場合、そこが潰れたら
大打撃を受けるはずです。

同じように、収入をYouTubeだけに
頼っていると、何かあった時に
収入がなくなる危険があります。

結局、いつ落ちるかわからない
”危ない橋”を渡ることに
なってしまうのです。

ここから何を学ぶべきか?

では、このブームから私達は
何を学べば良いのでしょうか?

まず1つは、

こういった”流行”に惑わされずに、
成果に繋がる努力をコツコツ
積み上げる方が良い。

ということですね。

いつまでたっても成功しない人は、

『おお!この新しいノウハウは楽に
稼げそうだ!!これをやってみよう!』

と儲かりそうな話に飛びつき、
それがダメだったら、、、

『あれは自分に向いてなかった、、
でも、こっちの話はもっと儲かり
そうだから今度はこれをやろう!』

みたいな感じで、
永久に同じことを繰り返します。

そういった”楽に稼ぐ”方法にしか
興味のない人は成功しません。

そして、もう1つの学びは、
ビデオの割合が多くなっている
というメディアのトレンドです。

『ユーチューバー』みたいな存在が
脚光を浴びれば、みんながネットで
ビデオを見る時間が長くなります。

これがどういう意味を
持っているかというと、、、

『ビデオが有効なマーケティング
手段になる可能性が高くなる』

ということです。

これからはもっともっと動画が
メジャーになるので、その状況を
活用することを考えるべきです。

『俺もユーチューバーになろう!』
とか思わないで下さいね。

それより、そこから上で挙げたような
教びを得る方がはるかに生産的です。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします