最強の0円集客法

昆知宏

2019年がスタートしました。

私はというと年が明けても去年と同じく少しでも相談者の利益を守るためにコツコツ同じことを繰り返すだけなのですが、

それができるのはあくまでも相談者が来てくれるからに他なりません。

年が明けてからあの手この手で集客するのは性格上嫌なので、私は去年のうちから1月13日のセミナーを企画しておきました。

とりあえず集客のスタートはここでダッシュがかけられたらいいなという算段だったのです。

集客の募集は12月20日から始め、年内のうちに10名の参加者の来場予定を見込みができました。

年末年始に次年度の集客の見込みを立てて過ごせたのは、とても大きな心の余裕になったのですが久しぶりに王道の集客をやっていてまだまだこの方法も通用すると思ったのです。

他人任せの集客は効かず・・・

私は個人的にはあまりセミナーをするのが得意なタイプではなく好きではないのですが、

FPにとって最強の集客方法はやはりセミナーだと思うのです。

今回は地元メディアに主催になってもらいセミナーを企画したのですが、

まずは様子見ということで自分の資源を使わずに相手の主催者任せの集客に頼ってみました。

募集開始の12月20日から三連休を挟み4日を経過しても集客は1人とかなり微妙な状況だったので他力本願ではなく地力集客に早々に舵を切りました。

そして、25日のクリスマスから28日の仕事納めまでの4日間で9人の集客に成功しました。

あとは主催者にがんばってもらい、増えても増えなくてもどちらでもいいやという余裕を作れたのですが、

この余裕が作れたのは、王道な集客をただ行っただけです。

セミナー集客の王道

今回行った方法は、

・メルマガの読者(リスト)に案内を送付

・Facebookのイベントページに告知

・Facebookページをお願いしてシェアしてもらう

という三段構成です。

実はこの方法を行ったのは、かなり久しぶりで今自分の持っているリストがどれだけ新鮮なのかというもの確かめたいという意向がありました。

この三段構成でどこから集客できたのかまでは把握できなかったのですが、速やかに集客が出来たことを見ると機能しているということが確認できたのは収穫でした。

メルマガリストを増やしたり、自社Facebookのいいね!を増やすのは2019年もまだまだ通用する王道な集客のようです。

ネット広告もまだまだいけるはず

今回は試さなかったのですが、先ほどの三段構成で効果が出なかった場合は、Facebook広告を入れてみようと思っていました。

今回そこまで行わなかったのですが、15,000円で7,000人にリーチできるみたいだったので、2,000分の1の反応率で3.5人くらいの参加が読めそうな状況ではありました。

しかいこればっかりはやってみないと分からないので何とも言えません。

時折イベントを仕掛けて様々な集客手段からデータ測定をしておくと、

費用対効果が導き出せますので、投資に対しての目標売上も立てやすくなります。

しかしなんだかんだ言って知り合いや友達にシェアしてもらう作戦はいつの日も最強ということをお伝えしておきます。

勝負のイベントを決めてガシガシ仲間に協力してもらいましょう!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします