DJは自動集客の天才

昆知宏

車での移動中。

久しぶりにFMラジオを付けてみました。

いつもはお気に入りの音楽か、
教材を流すことが多いのですが

なんとなくFMラジオのスイッチを
入れて地元のFM局にチューニング
を合わすと、懐かしい声が聞こえてきました。

以前にルートセールスを
していたときの営業車の移動中、

一日中ずっとFMラジオをつけていたからです。

・・・あのDJまだやっていたんだ!・・・

・・・コーナーもあの時と一緒じゃん笑かわってねーなー・・・

・・・なんか聞いたことあるラジオネームの人がまだいる笑・・・

なんて当時の記憶を思い出し、
時は流れたなあという思いに浸りました。

相変わらず、くだらない話してんなーと
思いつつもついつい聴き入ってしまう。

聴き入ってはいるものの、
30分後にDJが話していたことを話してください!

なんて言われたら100%話せません。

特に中身のない話が多いからです。

そして次の瞬間”ピン“ときます。

そうか!
DJは自動集客の天才だったんだ!

継続して発信する破壊力

DJも番組もコーナーも何年間も変わってない。

でも継続してリスナーはついている。

そして新規リスナーも増えている。

そして久しぶりに聞いても
ついつい面白く聞いてしまいます。

特に中身があるわけでもないのに・・・(失礼!)

実際話している内容のほとんどは、
DJのパーソナルなことです。

最近ジムで鍛えてますとか、

おいしいフレンチ見つけましたーとか、

マラソン出ようと思ってますーとか、

新しい居酒屋開拓しましたーとか、

こんな感じで、あとはリスナーから来た
おちゃらけた質問に、ちょっと笑いを
入れて適当に流しているだけなのです。

でも、、、面白い。

特に運転中など他に集中している
ものがあるときには、むしろ
そのほうが話が頭に入ってきます。

そしてそのDJがどういう人物なのかが
分かり、次第に親近感を抱いてきます。

これが週に2、3回とか定期的だとしたら、
DJのことを知り尽くしてしまうと思います。

下手すりゃ自分の奥さんのことよりも、
そのDJのことを知っているくらいです。

中身のある話は聞けない

たぶんFMラジオからなにかの拍子に
放送大学にチューニングが変わったら、
100%聞けません。

自分に興味がある話ならまだしも、
全く分からないことを専門的に
言われても眠くなる 。

運転中は生死に関わる問題です。

FPの方がたまにブログで、
マニアックなことを書きすぎている人がいます。

プロから見ても内容が難しすぎて、
よく分からない感じの内容です。

これって100%見込み顧客に、
伝えたいメッセージが伝わっていません。

そう、まさに放送大学なんです。

これとは正反対のライトな話題は聞けます。

聞くというより耳に入ってくる感覚です。

きっとあなたのホームページを見て、
相談しようかどうかを迷っている人は、

相談しようと思っているのだが、
どんな人か分からず怖く一歩踏み出せない。

内容が自分に合ってそうなのだけど、
どんな人なのかが分からない。

この時、ブログでパーソナリティが
ちょっと分かっていれば、

「安心したから相談いこ!」

ってなります。

FMラジオのDJはきっとこんな感じです。

こうやって継続的にDJのことを
知ってくると、他人のような気が
しなくなります。

だから、イベントの告知などが
あると行ってみたくなります。

DJがたまに企画するイベントは盛り上がりますよね。

「あの人のイベントだから」

「あの人と直接会える機会だから」

こう思って来る人がたくさんいます。

しかもコアなファンだけが
来てくれるので、お互いに楽しいはずです。

そしてそのときにはじめて、
真面目な話をすればいいのです。

放送大学を流しても聞いてくれるようになる!
(これってすごいことですよ!!)

こういう関係を築けたときに、
集客は自動化し、

しかもいい顧客がつきます。

ああ、すごいなあと思いました。

セミナーで集客するとき、
こういう関係性が理想だなって。

あなたの情報発信はどっち?

FMラジオなのか?
放送大学なのか?

私たちが自動集客を望むのなら、
○○大学の○○教授ではなく。
人気DJを目指すべきですよね。

情報を“一方的に伝える”のではなくて、

あなたというフィルターを通して、
人に“話をする”ことがDJの仕事です!

これ、私たちも早速生かせる部分が多いと思います。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします