何でメルマガからブログ記事に飛ばすんですか?

石塚駿平

昨日はクリスマスイブでしたね。

クリスマスイブの”イブ”は
“前日”という意味じゃなくて、
“evening”の短縮らしいですね。。

知りませんでした。。

そんなクリスマスの日にも、
いつもと同じようにメルマガを
配信しています。

右上の方に写真があって、

(ちなみにまた取り
直そうと思ってます。。。)

本文が続いていて、という構成ですね。

FPライズではいつもメルマガの中に
URLがあり、そちらをクリックして
記事を読んでもらうという形になっています。

この形について、

『なんでメルマガの本文に
コンテンツを書くんじゃなくて、
わざわざ記事のページに飛ばすんですか?』

という質問をよく頂くので、
今回はこの質問に答えたいと思います。

この情報は、あなたがメルマガを
配信する時に参考になるはずです。

メルマガの配信形態というのは、
いくつか方法があります。

1つは、メルマガのコンテンツを
メルマガの本文に入れる形です。

通常のメルマガ配信方法ですね。

そして、この中でもテキストメールに
するか、HTMLメールというものに
するかという選択肢があります。

HTMLメールというのは、
文字の色や大きさを調整したり、
画像を使ったりできるものですね。

ただ、これは迷惑メールに行きやすく
なる等のデメリットがありますので、
まず考えなくてもよいかと思います。

そして、もう1つはFPライズで
やっているような、

『メルマガ内に記事ページへの
リンクを張り、そのページに
移動して記事を読んでもらう』

という形ですね。

いちいちURLをクリックして
別のページに飛ぶ必要があるので、
通常のメルマガと比べると面倒です。

これがデメリットになるのですが、
個人的にはこれから挙げるメリットが
あるのでこちらの方法を採用しています。

顔写真を見てもらえる

まずは、毎回顔写真を見てもらえるという点ですね。

この顔写真があるおかげで、

『久しぶりに会った感じがしないです』

とか、

『初めて会いますけど、
いつも顔を見ているから
初めての感じがしないですね。』

という感想をもらっています。

やはり顔が見えるというのは
距離感を縮めるのに役に立ちます。

何かモノやサービスを買う時は、
見知らぬ人よりも顔をよく知ってる
人から買いたいと思うはずです。

そういった意味でも、
顔写真が載っているページに
飛んでもらった方が良さそうですよね。

画像が使える

次に、画像が使えるというメリットがあります。

テキストだけのメルマガでは、
画像を使うことができません。

文字や記号だけになってしまいます。

しかし、画像を使えばわかり
にくい概念を説明したり、、、

海外や非日常的な所に行った時の
写真をアップしたりなど、、、

より豊かな表現をすることができます。

この点については、正直に言うと
そこまで頻繁に活用できている
訳ではないのですが・・・

こういったメリットもあります。

クリックカウントが使える

そして、、、

これはとても大事な要素です。

一旦URLをクリックしてもらうと、

『一体どれくらいの人が読んだのか?』

という数字を把握できるようになります。

メルマガの場合、HTMLメールは
できますが、テキストのメール
ではこれができません。

メルマガというのは、タイトルの
付け方で読む人の数がかなり増減します。

なので、

『こういったタイトルの
メルマガは読まれやすい』

というデータを蓄積して、
それを自分の頭に入れておくのは
とても大事なポイントです。

僕は結構メルマガのクリック数に
一喜一憂しているのですが、、、

これをやっておかないと一喜一憂する
こともなく、改善をすることができません。

・・・

以上の理由から、FPライズの
メルマガでは基本的に記事のページに
飛んでもらうという形を取っています。

ちなみに、記事として残らない
タイプのものはテキストで配信してます。

あなたも、メルマガを配信する時には
この考え方を参考にしてみて下さい。

『絶対にこうするべき!』

という決まりがある訳ではないですが、
それぞれのメリット・デメリットを把握
しておけば良い選択ができるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします