(警告)ホームページをダメにする行為

石塚駿平

この前、SEOにかなり詳しい方
とご飯を食べる機会がありました。

詳細は言えないですが、
めちゃくちゃ競合の激しいジャンルで
自分のサイトを上位表示させる
ことができている人です。

しかも、ビジネスを仕組み化して
自分が働かなくても収入が入ってくる
状態を実現できているそうです。。

山に登ったり、旅行に行ったり、
ジムに行ったりなど、自分の
時間を自由に使えているようでした。

で、、、

今回は、その方から聞いたSEOの
情報をシェアしていこうと思います。

特に、重複コンテンツ(他のページと
同じ内容を掲載すること)について
詳しく聞いたので、その話をしますね。

考え方を変える必要性

まず、ウェブ上の情報というのは
簡単にコピペで同じものを作ることができます。

「これで上手くいってるなら、
同じ文章を使えば俺も上手くいくだろ〜」

と思っている人は多く、実際に
他のサイトの内容をパクる人は多いです。

今回お話した方もこの問題とは
常に戦っていく必要があると
言っていましたし・・・

僕が作ったサイトも、FP業界内で
丸パクリする人が結構います。

全く連絡をせずに丸パクリを
されるのは正直良い気分はしません。

ただ、個人的なスタンスとしては、
FP業界がそれで成長するなら、
節度を守ってやる分にはいいと思っていました。

(節度を守るというのは、
事前に所有者に連絡をして
許可を取ったりすることですね)

でも、、、

どうもそうはいかないようです。

グーグルの判断基準

現在、検索エンジンの検索結果
というのは、グーグルのシステムに
よって決められています。

グーグルの目的は

『ユーザーにとって役に立つ
コンテンツを上位表示させること』

です。

そして、その判断基準の1つとして、

『重複コンテンツがある場合は
そのサイトに対する評価を落とし、
上位に表示させないようにする』

というものを持っています。

要するに、

「他のサイトのコンテンツを
コピーするのはダメなサイトだ」

と判断する、ということですね。

全てを台無しにする

そして、こういったページが
サイトの中に1つでもあると、
全体の評価が下がります。

例えば、あなたのホームページの
中に1ページだけ、どこかから
コピペして作ったページがあるとしましょう、

そのページがグーグルに見つかり、
重複コンテンツだと判断された場合、
あなたもホームページ全体の評価が下がります。

結果として、今まで来ていた
アクセスの数が5分の1とか、
10分の1に減ったりしてしまうのです。

なので、いくら良いコンテンツを
コピペしてページを作っても、
成果が上がることはありません。

(もし他のページと似た内容の
ページを作る必要がある場合は、
canonicalタグやnoindexの方法を学んで下さい)

パクられた側にも被害が・・・

そして、さらに悪いことに、、、

『パクった側』

に悪影響があるのに加えて、

『パクられた側』

にも影響が及んでしまう可能性があるそうです。

これは由々しきことですね・・・

この話は知らなかったので、
僕が作ったホームページを
コピーしている人への対応を
考えなくてはいけないと感じました。

具体的には、コピーしている人を
違反報告するシステムがあるそうなので、
それを使うことになるかと思います。

良いものを参考にするのは
悪いことではありません。

でも、SEOの観点からすると、
完全にパクることは百害あって一利なしです。

それに、真似された方に被害が出る
可能性があるのなら、なおさら
放っておく訳にはいきません。

共存を目指して

FP業界は、まだまだ小さい業界で
成長をこれからしようとする
段階にあると思います。

そんな小さい業界の中で、
お互い足の引っ張り合いを
するなんてバカバカしいですよね?

それに、志をもって活動をしている
FPの方が、そういった心無い人の
行動で阻害されるのは嫌です。

個人的な願いとしては、
そんなことのない業界に
なって欲しいと思っています。

なので、いくら良い文章を見つけ
たとしても、自分の頭で考えて、
自分の言葉で表現するようにして下さい。

もしパクるとしたら、
根本にある考え方や構成を
参考にしたり・・・

直接的に関係のない
他業種の例を参考にして下さいね。

コピペはダメですよ!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします