顧問契約をベースにしたFPビジネス構築法(前編)

大阪で活躍されている、
LBプランニングの中野敦成さんの
インタビュー音声をお届けします。

中野さんは、単発の相談を行なうのではなく、
『顧問契約』という形を中心にして
ビジネスモデルを構築されているFPです。

顧問契約を中心に据えることで、
ベースとしての収入が確立できるので

・売上げがある程度予測できるようになり精神的に安定する

・必要な集客数が格段に少なくなる

・お客さんとの関係性が深くなり、
より深いレベルでのFPサービスを提供できる

このようなメリットがあります。

中野さんがどうやってこの顧問契約
中心のビジネスモデルを構築しているのか?

その方法を音声に収録しましたので、
以下からお聞き下さい。

>>こちらをクリックしてインタビューを聞く<<

※右クリックでダウンロードすることもできます

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします