確実に集客に繋がるページの作り方

石塚駿平

「う〜ん、どうしよう・・・」

近々、引越しをする予定なのですが、
ちょっとよくないことが起こりました。

玄関に生ゴミの入ったゴミ袋をおいていたら、
袋に穴が空いていたらしくて床が濡れてしまったのです。

それだけならいいのですが、床を拭いてみると・・・

くっきりシミになって残っています。。

床は人工大理石のようなのですが、シミになるんですね。

引越しを間近に控えているのに、これが原因で敷金からお金を引かれるのは嫌だ!

ともったいない気持ちになり、どうにかキレイにできないかと焦りました。

僕が起こした行動

そこで僕は何をしたかというと・・・

とにかくインターネットで検索です。

『人工大理石 シミ抜き』

など、関連しそうなキーワードで検索しまくりました。

そのかいあってか、なんとか有効な方法がわかり、
ドラッグストアでシミ取りに使える商品を買って対処できました。

少し白い傷が残りましたが、シミを目立たなくできたのです。

問題に直面すると検索する

このように、今の人は何か問題に直面すると

『インターネットで検索をする』

という行動を起こす場合が多いですよね。

他の例を出すと、僕は前にキャンプをしたのですが、、、

キャンプから帰ると、どうも胸のあたりが痒いのです。

気になったので服をめくってみてみると、
脇腹の上あたりに2箇所、円状に半径5cmくらいが赤くなっていました。

そして、中心部にはかさぶたができています。

蚊ではこんなことにならないので、ちょっと不安になりました。

そこで起こした行動は、やはりインターネット検索です。

原因と対処法がわかった

検索をした結果、マダニに噛まれたということがわかりました。

また、マダニは感染症を媒介していることがあるので、
噛まれてから数週間は体調に注意する必要があることも判明したのです。

(確率は低そうですが、結構重めの感染症みたいです・・・)

すぐに病院に行く必要はないということだったので、その時は様子見をしようと決めました。

幸いそれから何も起こっていないので、たぶん大丈夫でしょう。

検索するきっかけとは?

このケースも、何か問題が起こった後でインターネットで検索をするパターンですね。

「なんでそんな話をしているの?」

と思うかもしれませんが、これはFPにも関係があります。

なぜなら、見込み客がFPのことをインターネット上で見つけるきっかけは、

『何か問題が起こった時』

であることが多いからです。

問題が起こる具体的なシチュエーション

例えば、

『保険の営業マンにこの商品を勧められたけど、本当に大丈夫なの?』

『住宅会社の見積もりが思ったより高かったけど、これでいいのかな?』

『銀行に勧められて投資信託を買ったけど、変な商品買わされてない?』

とか、こういった状況ですね。

このような問題が起こった時は、インターネットで検索をしますよね。

その時に、インターネット上にあなたの発信した情報が存在しており、

『問題を解決する為の説明』

が書いてあったらどうでしょうか?

それを見た人は喜びますよね。

そういった情報は、本当に有益な情報です。

問い合わせの動線を作る

さらに、その有益な情報に加えて、

『専門家に相談をした方が良い場合』

というのを記載しておいたらどうでしょうか?

実際に、個別で話をしてみないとわからないことってありますよね。

その事実を、問題を解決する為の説明の後に出してあげれば・・・

きっと、そこから相談に来てくれる人が現れるでしょう。

最初に挙げた玄関の人工大理石のシミ抜きの件ですが、、、

実はインターネットで検索をすると、

『シミ抜きの方法はこうです。でも、材質がわからなかったり自分でやるのに自信がない場合はご依頼ください。』

という情報がいくつか出てきました。

そして、この選択肢というのは実際に検討しました。

魅力的に映る選択肢

失敗したくないですし、面倒なので

「だったらお金払ってやってもらった方がいいかな」

と考えていたのです。

結果としては自分でなんとかできてしまいましたが・・・

プロに依頼をしたいという人は多いでしょう。

特に、問題解決までの手順や考え方を詳細に書いていた業者は、信頼ができたので魅力的に感じました。

このページを作れば集客に繋がる

結局、何が言いたいかというと、FPがネットから集客をしたいのなら

『見込み客が解決をしたい問題をかかえるシチュエーション』

を考えて、その問題を解決する為の情報を伝えるページを作成する。

そして、

『こういった場合は相談をしてくださいね』

という形で、個別相談への動線をしっかりとした理由と共に作る。

これが有効な方法の1つであるということです。

ポイントは、見込み客の抱える可能性のある問題にフォーカスすることです。

自分ではなく、見込み客にフォーカスです。

こういったページをいくつも作ることができたら、そこから確実に集客に繋がりますよ。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします