ライザップの批判について

石塚駿平

今、ヤフーニュースを見ていたら、
ライザップの批判に関する
記事が載っていました。

どんな内容かと言うと、

『一般の人の間でライザップに
関する批判が高まっているが、
社長はどう考えているのか?』

ということを直接社長に
インタビューする、というものです。

ライザップは、3年で売上げが
3倍に成長したそうです。

目に見えて急激に成長しているので、
批判が集まってきているのでしょう。

僕はライザップの内情は何も
知らないのでその点については
何とも言えませんが、、、

業界で急激な成長をする企業は、
常に批判にさらされるものです。

これは、裏を返すと、、、

批判を受けるということは、
大きな成果を出している
証拠だということですね。

芸能界でも、

『アンチ(批判する人)が出て
きたらそれは売れ始めた証拠』

ということが言われているそうです。

批判されている人たち

また、スポーツ選手やベストセラー
作家なども批判にさらされますよね。

彼らは、根も葉もない批判を
不特定多数の人から受けています。

でも、そんな批判に屈すること
無く努力を続けています。

そう考えると、お客さんからの
ちょっとした批判や、

“もしかしたら批判されるんじゃないか?”

と考えて行動に移せなかったり
するのは何とちっぽけなんだろう・・・

と思う今日この頃です。。。

これって高いと思いますか?

さて、前置きが長くなりましたが、、

そのライザップのインタビューの
中で面白い話があったので、
それをシェアしてみたいと思います。

それは、

『基本的なコースで入会金を含め
約37万円。高すぎませんか。』

という質問に対する答えです。

調べてみたら、ライザップは
2ヶ月の普通のコースに通うには

348,000円(税別)

がかかるそうです。

これで1回50分のトレーニングが
16回受けられるみたいですね。

1回50分あたりの料金を
計算してみると・・・

23,490円

になります。

確かに、これは高いと感じるのは
仕方がないかもしれませんね。

僕が今通っているジムは1ヶ月で
10,000円弱で何回でも使えるので、
それと比べても高いと言えます。

インタビューの答え

『基本的なコースで入会金を含め
約37万円。高すぎませんか。』

という質問に対する
社長の答えはこうでした。

『よく1回いくらという計算をされま
すが、私たちはトレーニング自体に
対してお金をもらっているわけではない。

35万円(税別)はあくまで理想の
体形実現への対価だと考えています。』

つまり、、、

“50分のトレーニングを16回
やるからこの料金です”

という訳ではなくて、

“2ヶ月でこれくらいの成果を
出す対価としてこの料金です”

ということを言っています。

これは、的を得た発言だと思います。

素人目線だったら、

「なんだよそれ高すぎんじゃん。
ボッタクリだよボッタクリ。」

みたいな批判をするだけで
終わってもいいですが・・・

自分でビジネスを行なっている
私たちは、そういった受け止め方を
するべきではありません。

会社経営者や医者などの
高額所得者は、

『料金がいくらか?』

ということではなくて、

『その料金を払うことで
得られる結果は何か?』

という視点でものを見ます。

そして、その得られる結果が
自分にとって望ましいものであれば、
相応の対価を払う、という考え方です。

ライザップの急激な成長は、
こういった考え方をする人が一定数
存在しているということを示しています。

きっと、トレーニング系のサービスを
提供している所のほとんどは、

“1回あたりいくら”

という考え方をしているはずです。
もしライザップが、

“1回あたり23,490円です!”

とアプローチをしていたら、
今のような成長はなかったと思います。

そういった業界の考え方を
打ち破ったからこそ、
大きな結果を手にしたのでしょう。

FPも同じ

そして、このアプローチというのは
FP業界でも同じことが言えます。

これは、このメルマガで繰り返し
伝えていることですが、多くのFPは、

“1時間あたりいくら”

という考えに縛られています。

“1時間あたりで2万円だったら
ちょっと高過ぎるな〜”

と考えてしまうのです。

しかし、料金が時間に
対する対価ではなく、、、

『得られる結果』

に対する対価であることを
理解してもらえれば、
その思考の枠を外すことができます。

そして、ライザップが証明している
ように、そういった考え方に共感
してくれる人は確実に存在しています。

さて・・・

あなたは、自分のサービスの料金を、

『提供する時間』

に対する対価として考えますか?

それとも、、、

『得られる結果』

に対する対価として考えますか?

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします