9割がダメ!セミナーでの自己紹介の方法

石塚駿平

FPであれば、セミナーを
やる機会は多いですよね。

そして、セミナーの講師を
務める時には必ず、

『自己紹介』

をすることになります。

セミナーが始まったらすぐに、
パワポに事業所名と名前、
これまでの経歴を載せたスライドを表示し、、

口答でそれを読み上げる。

こういった形でセミナーを
始めて行く講師がほとんどだと思います。

でも・・・

この自己紹介の方法は、
実は間違っているということ、
あなたは知っていましたか?

間違った考え

こういった自己紹介の方法は、
実は僕も昔はやっていました。

なぜなら、みんながそうやっていたからです。

その時の自分は、何の疑いもなく
セミナーの冒頭に自己紹介をしていました。

しかし、とある方の話を聞いて、
その考えは一変しました。

その方は、セミナーからバック
エンドサービス(有料サービス)に
繋げる為のすごいノウハウと
実績を持っている方なのですが・・・

その方が言うには、

『セミナーの全てのパーツには意味がある』

とのことだったのです。

この言葉を聞いて、ハッとしました。

なぜなら、セミナーでの自己紹介というのは、

『やらなきゃいけないからとりあえずやるもの』

だと思っていたからです。

そこに何かしら意味を持たせる
という発想はありませんでした。

どう自己紹介を活用するのか?

もちろん、自己紹介をすることは
全くの無意味ではありません。

しかし、限られた時間の中で
参加者を満足させ、

『この人のサービスに申し込みたい』

と思ってもらうには、限られた時間を
最大限有効に活用しなくてはなりません。

“何となく”入れるコンテンツは
あってはならないのです。

では、一体どうすれば自己紹介を
最大限有効に活用できるのか?

ということですが・・・

その答えは、

『自分がこれから話す内容について、
信頼性を獲得する為に使う』

というものです。

セミナーの最初にすべきこと

一体どういうことかという話ですが、
まず最初に、

“セミナーの最初のパートですべきこと”

についてお話をします。

セミナーの最初のパートであなたが
すべき仕事というのは、

『参加者に期待感を持ってもらうこと』

です。

「ん、この人の話は面白そうだな」

「このセミナーは絶対役に立ちそうだ!」

「他のセミナーとは違うな・・・」

セミナーの参加者をこのような
気持ちにするのが、まず最初に
あなたがすべきことです。

(どのパートで何をすべきなのかを
すぐお伝えするのは難しいので、
とりあえずこれが必要だという
ことで理解をして頂ければと思います。

この体系的なノウハウについては、
いつかは講座等でまとめたいと考えてます)

こういった気持ちにさせる為には、

『このセミナーの内容を学ぶことで、
どんなバラ色の未来が待っているのか?』

ということを語っていく必要があります。

どんな有益な話をするのか?
金銭的にどんなメリットがあるのか?
精神的にどう変わるのか?
何が手に入るのか?
何をしなくてもよくなるのか?

など、こういった話をしていくのです。

同時に生まれる不信感に対処する

こういった話をすると、
セミナーの参加者はあなたの
話に熱心に耳を傾けるようになります。

しかし・・・

ここで問題が発生します。

それは、

”期待感が大きくなれば、
不信感も大きくなる”

という人間の特性です。

「この話を聞くだけで、
300万円も貯金が増えます!」

って言われると、

「おいしい話に聞こえるけど、
なんか怪しいな・・・」

という不信感が反射的に出てきます。

セミナー講師としては、
この不信感はできる限り
早く排除しなければなりません。

そこで有効活用ができるのが、
”自己紹介”です。

あなたが示すべきもの

自己紹介を行うことで、

『今からする話が
真実である圧倒的な証拠』

を示していくのです。

どんな実績があるのか?
どんな経歴があるのか?
どんなメディアに出ているのか?
どんな経緯でFPをしているのか?
どんな結果をクライアントにもたらしてるのか?

などなど、こういったことを
話していくことで参加者を、

「この人の話は信じる価値がある!」

という状態に持っていくことができます。

淡々とみんながやっているような
自己紹介をするのではなく、
この目的意識を持って自己紹介の
パートでする話を組み立てて行きます。

これが、自己紹介の力を最大限に活用する方法です。

ほとんどの人は、”何となく”
自己紹介をするだけで、このように
戦略的に組み立てを行っていません。

だからこそ、ここまで意識をして
話す内容を組み立てれば、他の
セミナー講師と差を付けることができます。

そして、セミナーから個別相談へと
繋がる確率も必ず上がるはずです。

もしあなたがいわゆる”普通の”
自己紹介しかしていなかったなら、
この組み立てを参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします