独立を早く軌道にのせる最大のポイント

中西雅司
オリンピックまで残り半年。

6年前に東京オリンピックの開催が決まった時は、

「まだまだ先のことだなぁー」

と思っていましたけど、

あっという間ですよね。

さて、今日は、

「FPとして独立して早く軌道にのせるために」

というテーマでお伝えします。

早く軌道にのせるためのポイントはたくさんありますが、

その中で、私が特に重要だと確信していることです。

私が独立した時のこと

私が独立したのは2013年で、もう6年以上前になりました。

ちょうど東京オリンピックの開催が決まった年です。

私の場合、そこから軌道にのるまでには2年半くらいかかっています。

なぜ、そんなに時間がかかってしまったのか?

その理由は色々とあるのですが、特に苦労したポイントが、

「ゴールのイメージがなかったこと」

です。

具体的な見本がなかったので、何をすればいいかわからなかったのです。

例えば、

・料金体系はいくらにするのか?

・ビジネスモデルはどうすればいいのか?

・そもそもそれでうまくいくのか?

などなど、どれもふんわりしていて、不安なまま試行錯誤で取組んでいました。

今から考えると無駄なこともたくさんしてしまっていましたよ。。。

これのゴールがない状態。

もう少しわかりやすく言うと、、、

ゴールを知らないマラソンと同じ

想像してみてください。

もし、あなたがマラソン大会に出場するとして、

ゴールの場所もルートも教えてもらえてなかったとしたら。。。

普通は、ゴールもルートもわからないマラソンなんてあり得ませんが、

もし、わからなかったら、どちらに走って行って良いかわからないですよね。

全く逆方向に進んでしまうかもしれません。

逆方向に行ってしまったら、戻るのにまた同じ時間がかかってしまいますよね。

つまり、マラソンは、

「ゴールが明確で、ルートも明確」

だからこそ、

「最短ルートでゴールに行きつくことができる」

のです。

FPビジネスも同じ

FPビジネスもそれと同じで、

「ゴールが明確ではない状態で前に進むのは本当に大変」

です。

決して、

うまくいかないわけではありませんが、少なくとも、

ゴールが明確になっている場合と比べると、軌道に乗るスピードは圧倒的に落ちます。

そうならないために、できる限り早い段階で、

「ゴールを明確にすること」

をやってみることをおススメしています。

FPがゴールを明確にするとは?

もう少し丁寧にお話しします。

FPビジネスにおいて、ゴールを明確にすることとは、

「自分がやりたいビジネスモデルを明確にし、その成功イメージを持つこと」

です。

それができると、ゴールが定まるので、やるべきことが明確になります。

スタートとゴールが定まれば、道筋が明確に
なりますよね。

そのため、前に進むスピードも確実に早くなっていきます。

無駄な動きも少なくなります。

具体的に何をすればいい?

一番簡単でおススメの方法は、

「独立系FPの成功事例の話をたくさん聞くこと」

です。

色んなビジネスモデルがありますので、自分に合う合わないがあると思います。

なので、合うモデルや自分の理想に近いモデルが見つかるまで、色んな話を聞いてみると良いです。

こちらのFPライズでも成功事例の動画やDVDを配信してくださっていますよね。

そういったものをたくさん見たり聞いたりして、成功イメージを作ることは本当に大切なことです。

それをやるかやらないかで、半年どころか、簡単に1年・2年の差となります。

チャンスを活かせ!

私が独立した当時は、FPとしての独立成功モデルがほとんど公開されていませんでした。

そのため、試行錯誤で前に進んでいくしかなかったのですが、今は、多くのFPが公開をしてくださっています。

このチャンスを活かすことによって、できる限り時間をかけずに、独立系FPとして軌道にのせていってください。

これからもあなたの成功を応援していますね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします