さあ、インスタ広告するぞー!!

昆知宏

あなたの月の広告費はどれくらいでしょうか?

今年私はコロナの影響もあり特にここまで
仕掛けず(仕掛けられず..)にいたのですが
先日久々にインターネット広告を打ちました。

具体的に何をしたかというと、
1か月前に始めたインスタグラムの
ポテンシャルをテストする広告です。

インスタを始めたはいいけれど結果が
出ないのれあれば続けていても、

仕方がないのでそろそろ仕掛けた時の
反応を確かめようという具合です。

個人的にはFacebookは対法人や、
対個人事業主としての広告は
未だに優れていると思いますが、

対個人いわゆるBtoCの効果は、
あまり出ないのでは!?

という感覚です。

Facebookから広告をかけても
インスタに広告表示させることが
できるのでどっちも一緒じゃない!?

と思う方も多いと思うのですが、

Facebookとインスタってノリが
全く違いますよね。

Facebookはビジネス色が強いため
このノリでインスタに広告を出すよりも、

個人投稿寄りのインスタのノリで
インスタ広告を出した方が響くはず…

こう思ったのです。

広告を意気込んだ理由

インスタアカウント開設から
1か月間広告を打つのを待ったのには
理由があります。

それはまずは自力で100フォロワーを
目指して話はそこからだと思ったからです。

インスタは100フォロワーまで行くと、
アクセス解析が少しだけ細かく
見れるようになります。

まずはここまで頑張ってその後に
広告を打った方が効果的なはずだ。

こういうわけです。

簡単な解析を見ると、

想定通りユーザーは女性が多いことや、
夜間の時間帯にアクセスが多いことが
分かりました。

特に私の主とする対象者は、
家計を管理している女性なので、

インスタのユーザーとターゲット像は
一致していることが確認できたわけです。

100フォロワー集める方法

ここについては地味ですが、
まずは知り合いにフォローをお願いする。

これは鉄板ですね。

既存顧客もだいたいインスタを
やっているので実際の顧客に
フォロワーになってもらうのは
もっとも鉄板の方法です。

次にすることは、
家づくり関連の(私の場合)業者を
こちらからフォローすること。

そうすると相手側もフォローを
してくれることがあります。

※フォロー返し

こんな感じで相互にフォローすると、
それぞれのアカウントで家づくりに
興味がありそうなユーザーに
おすすめとして表示される可能性があり
WINWINの関係になれます。

こういうことを繰り返していって、
はじめの1か月は頑張って毎日投稿
していったところ、

約1か月で100フォロワーを獲得しました。

当然ながら広告費を投入してからは
純粋な新規フォロワーがつきますので
次は200フォロワーを目指していく
という感じです。

結果は上々!?

結論から言うと、
広告の感触は十分にありました。

はっきりと、新規問い合わせが増えました。

集客コストも始めたてなのでかなり低めです。

しかし反面大きな特徴もあって

”お困り度が高い方ばかり集まる”

ということがありました。

具体的に言うと、

「住宅会社も決めて契約も間もなくで
ローンも決めたんだけど最後に大丈夫か
どうかだけ確認してほしい。」

「消費者金融のローンの影響で
住宅ローンをどこも借りられなくて
困っている。」

「持病があってローンが否決に
なったけどこのまま進めてもいいのか?
また、進められるのか?」

とこんな感じなのです。

住宅FPをしている方は分かると
思いますが、

一番最初のもう契約寸前で急いで
結果だけ知りたいというパターンは
個人的にはちょっと微妙です。

まあでも会って話をしてみないと
分かりませんし、

インスタがきっかけで少しでも
相談者の未来を明るいものに
変えられたらそれほど嬉しいことは
ありません。

こんな感じで100%希望に合致した
集客ができているかというと
そうとも限りませんが、
インスタには手ごたえを感じています。

まだインスタをやっていない方は、
まずは広告なしで100フォロワー。
(濃いリストで100まで頑張る)

そしてそこまで行ったら
広告を打って200も目指してみる事をお勧めします。

この時、先にとっている100の濃いリストが
見込み顧客を集める大きなアシストになるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします