ウィズコロナに考える相談の新料金体系

昆知宏

最近いろいろなジャンルの有料ウェビナーに参加しています。

というのも、講師の方々がZOOMをどのように使いこなしているかを参考にしたかったり、

敢えてFP以外のテーマのセミナーに
参加することで視野の広い考え方を
したいという目的があります。

直近ではカメラマン養成講座の
プレセミナーに参加をしてみました。

きっかけは良いカメラを買ったので、
カメラのテクニックを習得してみたい
というものだったのですが、

プレセミナーのほとんどは本講座への
勧誘やマインドセットの話ばかりで
全くもって参考になりませんでした。

100%宣伝で数千円の参加費を
払うのはどうなの!?

というレベルでちょっとがっかりでした。

じゃあ、本講座に参加!?と思いきや
料金は50万円ほどとなっており

趣味の領域では即決で”申し込まない”
という選択になりました。

ちょっと前まではこの手の
プレセミナーから始まる本講座の価格は
30万円以下が相場だったと思うのですが、
最近はえらくインフレしている印象を受けます。

50万円でも安い方で今主流は、
70~80万円で3か月~半年コースの
講座が多くなっているように思います。

ノウハウ講座のえげつないインフレ

強気の価格設定は結果を出すことの自信の表れ?

であればいいのですが、
費用に見合っているかどうかというのは
前よりも見極めがシビアになりました。

こんな高額なお金を払って失敗してしまえば、
後悔がすごいですよね。

見方を講師目線に変えれば
前よりも強気の価格設定でもいけるような
雰囲気になってきているので

既に講座を持っている方は単価を
上げていく絶好のチャンスとも言えます。

参加者としてみれば講座に参加したからには
講師の先生を100%信じ、

言われるがまま実行できる信念が
もてないのであれば本当にお金を
ドブに捨ててしまうことになります。

確かに講師側から見れば、
ノウハウコレクターの方を相手にするよりも

本気で参加してくれる人が少なくても
いてくれたほうが確かにいいですよね。

3ステップ課金が良くない?

私が最近いろんな講座に出たり、
自分のビジネスをしていても思うことは、

ステップ1:数千円のプレセミナー
ステップ2:数十万円(50万円以上)の講座

の中に受講者としては、
もう1ステップあったほうがいいなあ
ということです。

例えば、

ステップ1:数千円のプレセミナー
ステップ2:30万円以下の本講座
ステップ3:50万円以上のマスターマインド講座

こんな感じです。

こうすると、

ステップ2に行くことにある程度
ハードルが下がるし、

参加してみていい感じであれば
更に上級講座へ行きたくなるし、

いまいちだったらそこで辞めれて
損失も少なく済む。

講師側としてはいきなり70-80万円の
高額なセミナーに申し込んでもらうことは
嬉しいことだと思いますが、

途中で双方に合わなかったすると
これほど苦痛なことはありませんよね。

ほとんどのセミナーではその場合は、
参加者の意識が足りないというせいに
されてしまいますが、
それってなんかもやっとするんです。

もうちょっと低額な講座でお互いの
相性を確かめるようなコースが
あるのが個人的にはしっくりきます。

3ステップでサブスクへ

ステップ1:プレセミナー
ステップ2:30万円程度の本講座
ステップ3:月額固定のサロン

金銭的なハードルを下げるという意味では、
ステップ3を高額な講座ではなくて、
サブスクにしてしまうのも手です。

これだとすべてのステップで、
そこまで大きな金額を請求する必要はないながら、

顧客のLTVを高めることができます。

緩く長く繋がれるため、
一時期気合いをいれまくるよりも
長時間に渡り緩く頑張り続けて結果を出す。

そのほうが無理がないですよね。

いつでもやめられるという点では、
講師側も参加者側も気持ちは楽なはずです。

長くやっていると料金形態というのは
なかなかいじらないものですが、

2ステップでいくか
3ステップでいくか

これは日々のFP業でも顧客に合わせて
アジャストしていくことで
結果がかなり好転するような感覚があります。

具体的に言うと、

いきなりコンサルをYES、NO方式よりも
お試しコンサルみたいなものがあったほうが
良いかもしれないということです。

これからはオンラインで顧客との
距離の縮め方も変わってきますから
色々試行錯誤してみたいですね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします