情報発信のネタに困った時に使えるアイデア

石塚駿平

さて、今日もいつも通りにメルマガ記事を書くぞ!

・・・

・・・

・・・

あれ、何を書こう・・・。

書くことが見つからないな。。。

あなたは、こんな状態になることはありませんか?

僕は、今まさにそんな状態になっています。

いつもネタは思いついた時にストックをしているのですが、ない時もあるんですよね。

という訳で、何か良いアイデアはないかな・・・

と思ってパソコンを見ていたら、

『メルマガ執筆用アイデア』

という約9年前に書いたノートが残っていました。

今でこそ、何も考えずにネタが出てきますが、、、

僕も最初は、こういうノートを見ながらネタを出していたんです。

改めて見返してみたら、かなり使えそうだったのでこの内容を今回はシェアしますね。

ノートの中身を公開!

このノートには、

『困ったらこういう考え方で書くネタを出す』

というアイデアが記載されていました。

もったいぶらずに、一気にノートに書いていたものを列挙したいと思います。

・自分が体験した出来事から専門知識に繋げる

・面白いストーリーを語る

・格言を引用する

・今話題のニュースを取り上げる

・読者の持っている不安・疑問・問題を解決してあげる

・複雑な問題をシンプルにする考え方を教える

・読者を驚かせる/笑わせる/読者を勇気づける

・読者に疑問を投げかける/クイズを出す

・みんなが「へー」と思う知識を出す

・読者のやっていることをほめる

・共感できることを話す

・使える知識やノウハウをリスト化する

・常識に反したことを言う

・一般的に浸透している考え方に反論する

・何かをやってみた結果を報告する

・熱意を持って伝えることができることを話す

・未来を予言する

・相談の実例を伝える

・便利なツールを紹介する

これを見てアイデアを出す

どうでしょうか?

これを見ながら考えれば、何かしらのアイデアが出てきそうじゃないですか?

僕はメルマガを書いてた最初の頃は、このノートを見ながら

「何を書こうかな〜」

とネタを頭から絞り出していました。

こういったアイデア帳があると、結構ネタは出てくるものです。

また、その場で考えるだけではなくて、これらを頭の中に入れながら

「お!これは書けそうだな!」

と感じることがあったらすぐにメモをして、後から執筆ができるように準備すればネタがストックされます。

そのストックが増えていけば、当面ネタに困ることはなくなりますね。

それぞれのアイデア解説

それでは今から、上で挙げたアイデアにちょっと解説を入れていきたいと思います。

・自分が体験した出来事から専門知識に繋げる
・面白いストーリーを語る
・格言を引用する
・今話題のニュースを取り上げる

これらは、書き出しとしては非常に優秀です。

話の内容がスッと頭に入ってきやすくなります。

・読者の持っている不安・疑問・問題を解決してあげる
・複雑な問題をシンプルにする考え方を教える
・読者を驚かせる/笑わせる/読者を勇気づける

このように、読者にフォーカスをするのは良いアイデアですね。

情報発信の相手はどんな人かを考えてみましょう。

そうすることで、何か良いアイデアが出てくるかもしれません。

・読者に疑問を投げかける/クイズを出す
・みんなが「へー」と思う知識を出す

こういったテクニックを使い、意外な知識を提供するというのも良い方法です。

・読者のやっていることをほめる
・共感できることを話す

自分を良い気分にしてくれる記事というのは、確実に好まれます。

・使える知識やノウハウをリスト化する

“5つの方法”とか、”7つのアイデア”とか、箇条書きにしたコンテンツは読みやすいですし、不思議と「読みたい!」と思わせるパワーがあります。

・常識に反したことを言う
・一般的に浸透している考え方に反論する

これは鉄板なコンテンツになりますね。

常識を破ることができる話があれば、ぜひ試してみましょう。

・何かをやってみた結果を報告する

普段クライアントに教えている内容を自分で実践してみた、というのは面白いコンテンツになります。

・熱意を持って伝えることができることを話す

普段と違う雰囲気で、松岡修造みたいに熱く語れる話があると面白くなります。

・未来を予言する

未来予測はみんな大好きです。専門家だから予見できることを伝えていきましょう。

・相談の実例を伝える

これも鉄板なコンテンツ作成方法ですね。

「こんなことがありました。そこからこんなことが学べます。」

というのは何回でも繰り返し使うことが可能です。

・便利なツールを紹介する

こういうの、好きな人は多いですよね。僕もツール紹介は好きです。

・・・

以上、簡単な解説を付けてみました。

もしあなたが情報発信のネタに困ったら、上記のリストを眺めながら何か書けないか考えてみてください。

そうすれば、良いアイデアが浮かんでくるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします