8分の1の法則

中西雅司

先日、久々に遠出をしてきました。

レンタカーを借りて、長野県まで。

ドライブをして、その後、温泉旅館に宿泊して、

1泊2日でゆっくりとしてきました。

1年半ほどの間、旅行もドライブもしていなかったので、

久々にとても充実した時間になりました。

この写真は、

紅葉の時期

長野県の小諸市にある

「小諸城址・懐古園」

というところで撮影したものです。

ちょうど紅葉の時期だったので、とてもきれいな写真が撮れました。

黄色と赤の紅葉と、緑色の木々、そして、青空のコントラストがとても美しかったので、

普段、写真をあまり撮らない私も思わず撮影してしまいました。

99%の人がしていない

さて、今日は、宿泊した旅館で読んでいた本の中から、

「あなたにも役立つのでは?」

と思ったことをお伝えしたいと思います。

読んでいたのは、

「99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ」

という本。

河野英太郎さんという日本IBM出身の方が書かれているものです。

この本は、主に会社員の視点では書かれていますが、

私たち起業家、経営者にも転用できる内容がたくさん書かれています。

今日は、その中から、1つお伝えします。

8分の1の法則

それは、

「会議の1/8(8分の1)の法則」

というものです。

社内で、会議をする場合には、常にこの法則を意識しているとのこと。

どういう法則かというと、、、

会議の構成要素を、

「所要時間」「参加者数」「開催頻度」

という3つに分解します。

例えば、2時間の会議に、20人が参加して、月に2回行われるとすると、

・2時間×20人×2回=80時間

かかることになりますが、これがすべて半分になれば、

1時間×10人×1回=10時間

となり、8分の1になりますよという話です。

私たちは、会社員ではないので、そんなにたくさんの会議には参加しないと思います。

でも、FP業務にも、この考え方を転用すると面白いです。

本当に、打合せに1時間必要か

例えば、月1回で1時間の打合せ。

・本当に1時間必要かどうか

・本当に月1回必要かどうか

という点は、再考してみても良いですよね。

私が最近試しているのは、

「1時間の打合せを45分にしてみる」

というのをやってみています。

何度かやってみていますが、今の所、短くしても問題なくできています。

しかも、45分で終わると、

「残りの15分でメールやメッセージの返信」

ができます。

次の打合せの準備にも使うことができます。

次の打合せに向けて休息して、回復することもできます。

すべてに適用できれば、業務時間を25%削減できるかもですね。

さらに、打合せの回数についても、見直しをしてみると良いかもです。

効率化の余地があるかも

もちろん、本当に必要なものを、短くしてしまうのは、良くないので、

「短くしてみて、結果良くない場合は、元に戻すべき」

です。

でも、、、

「キリが良いから60分、90分、120分」

などとしている場合には、効率化の余地があるかもしれませんね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします