割引の弊害

石塚駿平

あなたは、こんな考え方を持っていませんか?

『同じサービスならば、
できるだけ安い業者に頼もう』

『家電量販店で値引きしないで買うのはバカだ』

『値引きして商品・サービスを買う=勝ち』

もしこのような考え方をあなたが
持っているのなら、注意して下さい。

なぜなら・・・

こういった考え方というのは、
あなたのビジネスの業績に大きな
影響を与えてしまうからです。。

自分に与える悪影響

『なるべく割引価格で買う』

という考え方は、社員として働き、
日常生活を送る上では問題ありません。

しかし、、、

自分でビジネスをやっていると話は別です。

なぜなら、この考え方は自分の
サービスの料金を決める時に知らず
知らずのうちに顔を出してくるからです。

どういうことか簡潔に言うと、

『他の人の商品やサービスを割引価格で
買うことに慣れてしまうと、自分のサービスも
割引しないと売れないと考えてしまう』

のです。

自分を相手に投影する

人が他人について、

『この人はどう感じているんだろう?』

と考える時は、常に自分を
相手に投影して考えます。

(だからこそ、自分が経験した悩みを
相手が経験している時は感情が動きますし、
そうでない時は感情が動きません)

その時に、

『商品やサービスを買う時に
割引価格じゃないと買わない』

自分が存在していると、
その自分を相手に投影してしまい、

『このお客さんは割引をしないと
申し込みしてくれないんじゃないか…?』

と感じてしまうのです。

その結果、無理に値下げをしたり、
低い料金を設定してしまい、、、

仕事を受けてもその後に

『全然これじゃ割に合わない・・・』

と後悔してしまうことになるのです。

自分の選択を変える

こういった状況に陥らない為には、

『なるべく割引価格で買う』

という自分の行動を変えてみることが有効です。

例えば・・・

『クーポンを使わないで居酒屋で食事をしてみる』

『セールの時期ではない時に服を買う』

『最安値でやっていない業者に仕事を頼む』

というような行動を取ってみるのです。

それをやってみると、だんだんと
自分の考え方が変わってきます。

『値引きしないで何かを買うこと』

にOKが出ると、

『値引きしないで自分を売ること』

にもOKが出てくるのです。

なぜなら、相手のことを考える時に

『なるべく割引価格で買いたい』

自分を相手に投影しなくなるからです。

高額のものを売る時も・・・

“価値のあるものにはお金を払う”

というマインドがあると、
自分の価値も認められるようになります。

これは、高額の商品を自分が
売る時にも当てはまります。

例えば、20万円のフィーをもらって
コンサルティングをすることを
考えてみましょう。

もしその人が、20万円の
サービスを受けたことがないなら、

『コンサルティングに高い
お金を払った経験のない自分』

を相手に投影してしまい、

『いや、こんな高い金払うのかな。。
自分でも払ったことないのに・・・』

と、不安に思ってしまうのです。

しかし、20万円のコンサルティングを
受けたことがあるのなら、それが
原因で不安を感じることはありません。

そして、そういった態度が
お客さんの信頼感に繋がり、
契約に至る可能性が高くなります。

もちろん、安く買うことが全部が
全部悪い訳ではないですし、
常に高いものを選べと言うつもりもありません。

でも、自分の選択を見直すだけで
自分の価値に対する見方も変わると思えば、、、

この考え方を取り入れてみる
価値はあると思いませんか?

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします