理想の見込み客を一気に獲得する方法

石塚駿平

特定の顧客層をターゲットにする場合、

『同じターゲット層を相手に
しているけど、事業領域が
かぶっていない会社』

と組むことは、検討すべき
集客方法の1つです。

この方法はとても強力で、
僕はもうやっていませんが、

『FPの人に向けてセミナーを
やっている人とコラボする』

という方法を使ったことがあります。

僕はFPの方がお客さんで、
FPのマーケティングの知識があります。

こういう属性の人はまずいないので、
FP向けのセミナーを行っている人が
主催するセミナーの中で話をすると
セミナーの価値を上げることができます。

そして、僕はそこで接触した方から
お客さんを獲得できる、という流れです。

これはお互いにとってWin-Winの
関係であり、損することはありません。

つまり、、、

めっちゃいい集客方法!
ってことです。

そして、こういったチャンスは
FPも掴むことができます。

むしろ、他の業種と比べて
かなりやりやすいはずです。

“お金”というのは、何をするにも
付いて回るものですからね。。

提携を支える2大要素

提携関係を支える要素というのは、
大きく分けると2つあります。

1つは、お金。

「こういうお客さんを紹介したら、
○○円をお支払いします」

というものですね。

ビジネスライクな感じです。

これは非常に明確な基準なので、
とても理解がしやすいはずです。

お金をベースに提携関係を構築する
場合は、相手がいかに喜んでくれる
条件を提示できるかがポイントになります。

もう1つは、理念です。

『自分と同じ志を持っている人』

というのは、応援したくなるのが人情です。

なので、同じ顧客層を相手にしていて、
同じ志を持った人を見つけられれば
提携関係を作るのはそんなに難しくありません。

個人的にはこっちの要素が
強い関係の方が好きですね。

やっぱり、理念が合う人と
仕事をしている方が楽しいので。

それに、関係性はこちらの方がより強固になります。

こういった事情もあるので、
理念や信念を持って行動を
しているFPはやはり強いです。

「特に理由はないんですけど、
この分野は儲かるって聞いたんで・・・」

というFPと組みたい人は少ないですしね。

この分野は狙い目!?

では、一体FPがどういう所と
提携関係が作れるのか?

という話ですが、選択肢は無数にあります。

その会社と組むことによって、
その会社にメリットを与えることができ、
かつ自分の見込み客がそこにいれば
提携関係が成り立つからです。

といっても、そんなふわっとした
話で煙にまかれるのも嫌ですよね??

そこで、最近FPの提携先とすごく
可能性があるなと感じた業種について
話をしたいと思います。

その業種とは、派遣会社です。

派遣会社に登録をする人というのは、
キャリアプランについて考えている人です。

キャリアプランとお金というのは、
めちゃくちゃ密接に関わっていますよね。

FPとしては、将来のキャリアプランを
お金の観点から考えてあげることで、
何かサポートできることが見えてくるはずです。

そして、派遣会社は自分の会社に
付加価値を付けたいと思っています。

その付加価値として、FPが
ライフプランの作成などを手伝って
あげれば、Win-Winの関係ができますよね。

特定の顧客層に特化

さらに、僕も話を聞いたり色々
調べるまで知らなかったのですが、、、

派遣会社って色んな種類があるんですよね。

特定の業種や属性に特化している
派遣会社はたくさんあります。

例えば、

“定年退職した後の人
専門の派遣会社”

というものもあるそうです。

“定年退職をしたばかりで資産があり、
お金について真剣に考える必要のある人”

に一気にアクセスできるとなったら、
色んなチャンスがあると思いませんか?

こんな感じで、特定の業種や属性の
人たちと自分の提供しているサービスが
マッチすれば、チャンスは広がります。

考えてみる価値、ありそうですよね。

ただ・・・

ここで挙げたのはほんの一例です。

他にもFPが掴むことができる
チャンスは無数に存在しています。

表面的なことにとらわれずに、
本質的な部分を学んで、

『自分の場合はどうだろう?』

と考えてみて下さいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします