新しい集客方法に騙されるな!

石塚駿平

「時代は常に変化しています。

だから、常に新しい情報を
取り入れないと生き残れません」

あなたも一度は、偉そうな
コンサルタントやセミナー講師が
こう言うのを聞いたことがあるはずです。

実際に、僕もこういう話を
今まで何回も聞いてきました。

最初のうちは、

『なるほど、そうなんだ!
新しい情報を探し続けよう!』

と思っていたのですが、
最近はこういった言葉を
鵜呑みにしないようにしています。

その理由は、2つあります。

1つ目の理由

1つ目の理由として、

『コンサルタントが自分の商品・
サービスを売る為に言っている場合がある』

ということが挙げられます。

「もう○○は古いです。
これからは●●の時代です。」

というのは、実際に効果があるので
はなく、その方が売れるからそう
言っている場合が結構あるのです。

なので、文面をそのまま受け取るのではなく、

『その人がどういう立場なのか』

ということを考えて判断をする必要があります。

保険や証券と同じように、
コンサルタントにも
“売り手側”の事情があるのです。

2つ目の理由

2つ目の理由は、

“新しいもの = 良いもの”

というバイアスの存在です。

普通の人は、

・新作
・新商品
・新発売

こういった言葉に弱いですよね。

人は、”新しい”ということ自体に
魅力を感じてしまい、そのもの自体の
価値を正しく見積もれなくなる場合が多々あります。

有名な外資コンサルティング会社
であるマッキンゼーは最近、

『Eメールからのコンバージョン率
(申し込み率)は、ソーシャル
ディアと比べると40倍高い』

という調査データを発表したそうです。

40%高い、ではなく40倍です。

ざっくりしたデータなので
これをそっくりそのまま文面通りに
受け取る必要はないと思いますが、、、

古くからあるEメールの方が機能
している事実は真剣に受け止めるべきです。

“新しいもの = 良いもの”

というバイアスにとらわれてしまうと、
新しいものにばかり時間を取られて
本当に価値のあることに時間を使えません。

僕は未だにメルマガをベースに
したマーケティングをしていますが、

“新しいもの = 良いもの”

というバイアスにかかっている
典型的な人にそのことを話すと、

「えっ、メルマガってもう
終わってるイメージなんですけど、
まだ効果があるんですか??」

という反応をされます。

この反応は、本質的な理解ができていない証拠です。

“新しさ”に騙されるな!

もちろん、新しいものを全て
無視しろというつもりはありません。

重要なのは、”新しさ”に惑わされずに、
正しい判断をすることです。

“新しいもの = 良いもの”

と考えてしまうと、本質から
ズレてしまう場合がよくあります。

あなたが”新しさ”の力を活用して
より多くのお客さんを惹き付け、
正しい方向に導くのはOKですが・・・

その力に影響されて、自分が間違った
判断をしないように注意して下さいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします