オンラインの波!今FPがやるべきこと

中西雅司

「オンライン、オンライン、オンライン」

完全にオンライン化の波がやってきています。

数ヶ月前には想像もできなかったこの状況。

戸惑っている人も多いのではないかなと思います。

こんな状況の中で、

もし、あなたが

・相談数を減らしたくない

・相談数を増やしたい

・もっと多くの人を助けたい

と考えているなら、すぐにできる対策として、、、

オンライン相談可能を知らせよう

ホームページや見込客が見る可能性があるページに、

「ご希望の方は、オンライン相談も可能です」

と書いておくと良いですよ。

「初回相談のみオンラインOK」

とする方法もありますね。

これだけでも、お客様にとっては、ハードルが下がるので、相談しやすい環境になりますから。

今までオンライン相談をやったことがない人も、需要が高まっているこの機会に是非取組んでみてください。

オンラインの準備方法

オンライン面談は、決して難しいものではありません。

準備物としてはたった2つ。

1つ目が

「カメラ付きのパソコンまたはスマホ」

もう1つが、

「zoomやskypeなどのオンライン会議システム」

です。

パソコンまたはスマホで、zoomまたはskypeをダウンロードして使います。

慣れていない人は、skypeよりもzoomのほうが使いやすいです。

準備が完了したら、家族や知人などに相手をしてもらって、テストしてみると良いですね。

あるとより良いもの

その他に、追加で準備するものとしては、以下のようなものがあります。

「あるとより良いもの」なので、最初は必要ありません。

・マイク(音質を良くするため)

・イヤホンやヘッドホン(音を聞き取りやすくするため)

・カメラ(画質を良くするため)

でも、まずはやってみることが大事ですので、最低限の準備をして取組んでみると良いですよ。

少しずつ必要性に合わせて追加していってください。

オンラインを求めている人が増えている

なぜこんなにオンラインの導入を推奨するかと言うと、、、

その理由は、大きく2点あります。

1点目は、言うまでもないですが、

「自粛要請や学校の休校の影響により、外出しにくい人が増えていること」

です。

オンラインでなければ、相談できない人が今は増えていますよね。

FPに相談すべき人が増えている

2点目は、今回のコロナの影響により、

「FPに相談をすべき人」

が増えているから。

例えば、

「仕事が減って収入で困っている人」

「あまり知識がなくiDeCoやNISAを始めてみたけど、連日の株価下落のニュースで不安になっている人」

「将来への漠然としたお金の不安が高まっている人」

などなど、FPに相談すべき人が急増している状況にあります。

こういった人に対して、

・固定費の削減(家計、保険、住宅ローンなど)のアドバイス

・資産運用の考え方、方針についてのアドバイス

・保険や投資商品について、どれを解約して、どれを続けるべきかのアドバイス

などは非常に有効ですよね。

さらに、、、

具体的なアドバイスだけではなく、お客さまの不安な気持ちを聞いてあげることだけでも、力になるはずです。

FPは多くの人を救える職業

私たちFPは多くの人を救うことができる職業です。

特に、ここ最近は、いつも以上にその必要性が高まっています。

是非、あなたの力で多くの人を救ってあげてください。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします