スーツをやめたら成約率が上がった話

昆知宏

なんてことのない切り替えが、
思わぬ効果を生むことがある。

日常にもこんなことは多々あります。

私は独立をきっかけにネクタイを
することをやめたのですが、

この夏からファッションであることを
もうひとつやめました。

それはYシャツを着ることです。

普段の私の服装はいわゆるスーツ
スタイルにネクタイをしていないだけ。

どちらかというとビジネス寄りです。

実際はそんなことは関係ないのは
初めにお伝えしておきますが、

スーツを着るとなんか売り込みっぽく
なってしまうような雰囲気があって
(と自分で思い込んでいる)

もっと相談者の方と対等に話せない
かなと思いユニクロのポロシャツ
スタイルに変えました。

そうしたところ・・・

なんだか相談者の方との親近感が
グッと増したような感じがし、
相談移行率も上がりました。

ミラーリング効果!?

少し前にNLPの話をしている人がいて、
その方がミラーリングが大事!

みたいなことを言っていました。

ミラーリングとは、

相手の身振りや手ぶりや動作を合わせて

相手の警戒心をとり、
急速に親近感や安心感、
または信頼完成を築く技法のようです。

FPの方でNLPを取り入れている方は
とっても多いですよね。

ミラーリングの正しい解釈とは
きっと違うと思うのですが、

私の場合この話を聞いて、

FPがスーツよりのカチッとした服装で
相談者が私服であるという状況って

あまりよくないのではないか?
余計な警戒心を生んでしまっているのではないか?

と考えたのです。

つまり私も私服になれば、
よりフラットに相談できる場が
作れるのでは期待してしまいました。

効果はてきめんだった

FPが私服ってどうなんだろうと
始めは思ったのですが、

実際にやってみると、
お客さんからは別に特に指摘は

されませんし特に別に何とも
思っていないようでした。

私服と言っても全身ユニクロで、
上着はポロシャツという、

ノー個性でクセのない私服なので、
服の方にお客さんの関心がいく
ということもほぼありません。

相談者が私服でいらっしゃるのに対して
(ユニクロ率も当然高い)

私も私服(ユニクロ)で接触するのは、
これこそミラーリング(笑)

とうこともあり(?)

場の雰囲気が想像以上に変わったのは
思わぬ発見だったのです。

これは感覚ですが相談者に、
構えられなくなったという感じです。

印象をどう作るか?

人は見た目が〇〇割!

ともいうように見た目や雰囲気は
あなたが思っている以上に
結果に大きく影響してきます。

あなたがどういう立ち位置で、
どういうことをお客さんに提供
していきたいかで、
最適な見た目は当然変わってきます。

それはファッションにとっても
そうでありコンサルティングとは

全く関係のないところでも
プラスに作用する事実が現実的に
あるわけです。

実際にやってみるとスーツや
かっちりしたシャツを着ないと、

身体的にもリラックスできて、
話し方もおだやかでゆっくりになり

なんか余裕を持って接客対応できる
自分自身がいました。

もしあなたもファッションに特に
成約がないのであれば、

思い切って服装を変えてみて、
その前後の結果を追って見ると
思わぬ結果を生むかもしれません。

興味がある方はぜひトライしてみてください。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします