セミナーは無料がいいのか?有料がいいのか?

石塚駿平

先日、とあるFPの方と
打ち合わせをした時のこと。

その方は、自社セミナーを
活用した集客に取り組んでおり、
その成果を報告してくれました。

セミナーの開催方法やコンテンツ
内容については既にお伝えしており、
それを実践に移してくれています。

話を聞くと、これまで数回
自社セミナーを開催し、、、

個別相談への移行率が80%に
なる等の成果を出してくれています。

お伝えしたノウハウでこのような
成果が出ていることは嬉しいですね。

基本的には自社セミナーの
運営が上手くいっているので
このまま改善を続けていく、
という話でしたが・・・

そのセミナー開催のうち、1回は
完全に失敗をしてしまったそうです。

どんな失敗か?

それはどのような失敗かというと、

『無料でセミナーを開催したら、
上手く成果に繋がらなかった』

というものです。

どういうことかというと、
会場の都合で直接当日に集金を
することができなかったので、、、

仕方なくセミナーの参加料金を
無料にして募集をしたそうです。

そしたら何が起こったかというと、

『個別相談への移行率が低い』

という結果になってしまったそうです。

低いと言っても実際は30%程度の
個別相談への移行率がありましたが、
普段の出来と比べると明らかに低いです。

無料がいいの?有料がいいの?

セミナー開催について、

『無料の方がいいのか?有料の方がいいのか?』

というのは良く議論の話題になるテーマです。

しかし、このテーマについては個人的には

『有料の方が良い』

という意見を持っています。

なぜなら、有料にすることで
無料では得られない次の3つの
メリットがあるからです。

真剣になるから

まず、お金を払った方が
真剣に話を聞いてくれます。

自分で身を削って参加しているので、
高い意識をもっているからですね。

これは、実際にその方も言っていましたが、
無料でセミナーを開催した時には

“あまり話に興味を持ってくれない人”

が結構いたそうです。

目を合わせてくれなかったりとか、
退屈してそうな人のことですね。

セミナー全体の雰囲気を良くする為にも、
“有料で開催する”というのは重要な
ポイントになってきます。

欠席率が減るから

次に、”欠席率が減るから”という理由があります。

無料の場合、欠席は高い確率で発生します。

実際の参加予定者の2,3割が
来ないということはよくあります。

なぜなら、無料だと

『行かなくてはならない』

という気持ちが生まれないからです。

『もし予定が合わなかったら
いかなければいいや。
どうせお金払ってないし。』

という気持ちでセミナー当日を迎えてしまいます。

そうなってしまっては、セミナーが
成功する可能性は低くなります。

個別相談への移行率が上がるから

最後に、これが重要なポイントです。

無料よりも、有料で開催した方が
個別相談への移行率が上がります。

これは・・・

有料の方が真剣にその問題に
ついて考えている人が来る

個別相談の提案(オファー)に
魅力を感じてくれる

結果、個別相談に申し込む
可能性が高くなる

という理由からです。

・・・

これが、3つの理由ですね。

セミナーを有料で開催するか
無料で開催するかに迷ったら、
この考え方を参考にして下さい。

無料セミナーというのは、
特別な場合を除いて避けた方が無難です。

『お金を払わない方がお客さんは
喜んできてくれるだろう』

というのは間違った考え方なので、
やってしまわないように気をつけてくださいね。

P.S.

事前決済の方法は、銀行振り込みか
クレジットカードがお勧めです。

クレジットカード決済は、
ペイパルであれば誰でも簡単に
導入ができるので検討してみて下さいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします