【決定版】売上げを下げる方法

石塚駿平

「お客さんが集客でき過ぎて、
売上げが多すぎて困っています。

すみませんが、売上げを下げる
方法を教えてもらってもいいですか?」

もしかしたら・・・

儲かって儲かって仕方がない人から
こんな相談が将来出てくるかもしれません。。

もしこんな相談が来たら、
どう答えればいいのか?

ちょっと考えてみたので、
シェアをしたいと思います。

新規客だけを追うようにする

もし、既存客に対して
フォローアップをしているのなら、
即座に終わりにして下さい。

新規のお客さんの方が獲得コストが
高いので、そちらに注力した方が
利益率を下げることができます。

また、集客が安定しなくなる
というメリットもありますよ。

フォローアップをやってしまうと、
既存客からのリピート相談や
紹介に対応をしなくてはならず、、

利益に繋がってしまう可能性が
あるのですぐにやめて下さい。

セミナーを講義だけで終わりにする

もしセミナーの最後に個別
相談の案内をしているのなら、
これもすぐに止めましょう。

なぜなら、セミナーで個別相談の
案内をしてしまうと、セミナーの
中でできた信頼関係があるので、
オファーが受け入れられやすくなるからです。

そこからコンサルティングの話を
したりして、より高い顧客単価を
実現してしまうことになります。

そうならない為にも、セミナーを
開いたらそれだけで終わりにして、
セミナー後のアンケートで

『非常に良かった』

の評価をもらうだけで満足しましょう。

セミナー自体では大きな売上げには
なりませんし、会場費もかかるので
利益は少なくなるでしょう。

報酬を時間の対価として設定する

もし、設定している料金を

『お客さんに与えられる価値に対する対価』

として考えているのなら、すぐに

『1時間あたりいくら』

という料金に変更しましょう。

そうすれば、利益をガクっと
下げることができますよ。

その証拠に、ほとんどのFPは

『1時間あたりいくら』

の料金を設定してあまり儲かっていません。

その人達の真似をすれば、簡単に
稼げないFPの仲間に入れるでしょう。

間違って、他の業界の成功例を
参考にしたりもしないで下さいね。

そんなことをして上手く行ったら、
利益が大きくなってしまいます。

理念だけを語るホームページにする

ホームページの中にサービスを
申し込むことで得られるメリットが
書いてあったらすぐに削除しましょう。

その変わりに、あなたの理念や
考え方を前面に押し出して、
短い文章で簡潔に伝えて下さい。

その時に、自分の見込み客が
持っている問題や不安は完全に
無視して自分のことだけを語りましょう。

そうすれば、ホームページから
お客さんが来ることはなくなります。

ホームページからお客さんが来なければ、
ただ管理費を払うだけになるので
利益率を下げることができるでしょう。

お客様の声を出さない

もしお客様の声を集めて、
それを活用しているのなら
これも即座に止めましょう。

お客様の声というのは、
信頼性を高める強力な証拠です。

この証拠がたくさんあると、
あなたのことを信頼して相談に
来るお客さんが増えてしまうので、
使わないことをお勧めします。

また、メディア掲載情報や、
他の専門家からの推薦の声も同様です。

こういったものも、人の目に
触れないようにする必要があります。

・・・

どうでしょうか?

もしあなたが売上げを下げたいのなら、
このアドバイスを参考にして下さい。

ただ、もし売上げを上げたいのなら・・・

言いたいことはわかりますよね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします