居心地の悪い環境に飛び込め!

石塚駿平

海外の人が持っている文化や
考えを見たり聞いたりすることは、
刺激になることが多いですよね。

ちょうどこの前、そのことを
痛感する出来事があったので、
今回はその話をしたいと思います。

僕が今住んでいる所の近くには
日本語学校があり、たまに交流会
みたいなものをやっています。

日本語を勉強している外国人は
日本語を話し、英語を勉強している
日本人は英語を喋る、というイベントです。

そのイベントに参加した時のことですが、
とあるシンガポール人の女の子と
話す機会がありました。

その女の子は運営側の手伝いを
していて、インターンシップで
その語学学校で働いているらしいです。

話を聞いてみるとまだ日本に来て
1,2ヶ月ほどらしいですが、日常会話に
支障がないレベルで日本語を話します。

そして、中華系のシンガポール人なので
中国語と英語がペラペラです。

それに加えて日本語も話せると
3カ国語を話せることになるので、
それはすごいね〜と話していたら、、、

『いや、普通デスよ』

と返答をされました。。

3カ国語は普通・・・

なんでも、シンガポールでは主に

・中華系
・インド系
・マレー系

の3つに分かれていて、
公用語である英語に加えて
自分の民族の言葉を話すそうです。

そして、大学生のうちに海外に
出てその国の言葉を習得するのが
普通らしいので、、、

『3カ国語を話すのは普通』

とのことでした。。

シンガポールはすごいですね。。。

さらに色々と話を聞いてみると、

『学生のうちにビジネスを
立ち上げるのは珍しいことではない』

ということも話してくれました。

何でも、高校生のうちから本格的に
ビジネスを立ち上げるのは普通であり、
面白いアイデアがあれば何と

“先生が出資をする”

ということもあるようです。。

日本では考えられない話ですね。

こういった所に、シンガポールが
1人あたりのGDPでアジアトップの
理由がきっとあるのでしょう。。

東大が低い

そういった話を色々と聞いていたのですが、
その中でも一番驚いた話があります。

それは、その女の子の将来の
ことについて聞いた時のことです。

高校卒業後にインターンで来ている
とのことだったので、日本の大学に
行くことも考えているのかな?

と思って質問をしてみたのですが、、

『日本の大学だと、東大でも
世界の大学ランキングが低い
からたぶんいかないと思う』

という返答が返ってきました。。

『東大が低い』

というのは、日本に住んでいる
私たちはまず持たない考え方ですよね・・・

でも、シンガポールから見た時には、
それが普通の考え方だそうです。

優秀な人はもっと有名な大学にいって、
箔を付けてシンガポールに帰ってくる、
というのが共通認識のようでした。。

環境の持つ影響力

この話を聞いて強く思ったのは、
自分は日本の中の環境に強く
影響されているということです。

東大というのは明らかにトップの大学です。

しかし、それは全ての人に
共通した認識ではなかったのです。

周りの日本人から影響を受けて
形成された感覚だということに
気付かされました。

そして、、、

この話というのは何も学歴に
限ったことだけではありません。

ビジネスにも当てはまります。

例えば・・・

・どれくらいの売上げが普通なのか

・どんな料金でサービスを提供するのか

・どんな心構えでお客さんと接するのか

・業者にどれくらいのお金を払うのか

・どんな成果を”成功”と呼ぶのか

こういったことは、自分の周り
にいる人に大きな影響を受けます。

自分の周りの人の月商が50万ならば
月商100万円は”高い”となりますが、、、

自分の周りの人の月商が300万ならば
月商100万円は”低い”ものになります。

そして、自分の今の状況が周りと
比べて高い状態であれば現状に
満足して努力をしなくなりますが、、、

周りと比べて低い状態であれば
周りに追いつこうと努力をするはずです。

環境を変えろ!

この事実が意味することは、

『自分の周りの環境が自分の
ビジネスの成果を決める』

ということですね。

自分の周りの人たちが高い所にいれば、
自然と上の方に引っ張られます。

逆に、周りの人たちが自分より下にいる
場合は下の方に引っ張られてしまいます。

なので・・・

例えば年収1000万円を目指すなら、

『年収1000万円を目指す人のグループ』

に入ってはいけません。

そうではなくて、

『年収1000万円が当たり前のグループ』

に入るべきです。

同じように、ビジネスで成功をしたいなら

『ビジネスで成功をしたい人のグループ』

の中にいてはいけません。

『ビジネスで成功をしているグループ』

に入るべきです。

自分よりも上の人がたくさんいる
グループは、最初は居心地が悪いと思います。

『自分がこんな所にいていいのか?』

と思うかもしれません。

でも、その中に一旦はいってしまえば、
自分の中の基準が上がっていきます。

そして、その基準に見合うような
行動をとるようになっていきます。

そうすれば、結果的にその人たちと
同じような成果を出せるようになってくるものです。

『環境』の持つ力と言うのは、
思ったよりも大きなものです。

実際に、

『最初はお門違いだと思ったけど、
成功している人のグループに入ったことで
自分も早いスピードで結果を出すことができた』

という話は、結構よく耳にしたりします。

なので、もしあなたが早いスピードで
成長をしたいと思うのなら、、、

そういった環境に積極的に飛び込んでみて下さい。

国籍を変えることはできませんが、
自分の周りの環境は自分の意思で
変えることができます。

そうすれば、早いスピードで
結果を出すことができるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします